歴史シリーズ~市川房枝~

市川房枝女史を知る年代は少なくなったと思う。私が彼女を知ったのは、中央大学に在学中のことである。彼女が87歳で亡くなるまでの33年間の一時期を、同じ空気を吸いながら生きたことになる。
女史は愛知県で生まれ、師範学校を卒業後新聞記者となり、平塚らいちょうらと共に、日本で最初に婦人協会を設立し、婦人の参政権獲得活動を展開する。これは私の推測だが、NHKの朝ドラの主人公のモデルにもなった『広岡浅子』とも接触があり、少なからず影響を受けたものと思われる。1919年から続けた婦人参政権獲得運動は、戦後ようやく実り、1945年12月に実現するのである。その後は、売春禁止や再軍備反対運動に尽力し、社会派運動家として万人の知るところとなる。
1953年、第3回参議院通常選挙に東京地区から立候補し当選を果たす。その後全国区に変わってから、合わせて通算5期25年間参議院を勤めた。87歳で全国区に立候補し、見事トップ当選を果たした。が、同年心筋梗塞のためその生涯を閉じた。
彼女の選挙スタイルは、組織に頼らず個人の支援者が自らの手弁当で行う、お金のかからない、しがらみのない、きれいな選挙スタイルを生涯通した。いかなる政党にも属さず、無所属議員の集合体である「二院クラブ」として政治活動を行った。後に有名になった《青島幸男氏》や《横山ノック氏》らもその二院クラブの会員として活躍した。元総理の《菅直人氏》も女史の秘書として政治家への道をスタートした人物である。
沖縄返還密約問題に対しても、社会党の党首や後の社民党党首を歴任し、衆議院議長も務めた《土井たか子女史》らと共に、時の自民党総裁であった《佐藤栄作氏》と激しく議論を交わした。また国際連合にも日本人女性を送り出したいと考え、当時国際基督大学で教鞭を取っていた《緒方貞子氏》を説得し了承を得、それを契機に緒方氏は広く国際社会で活動を行い、国連難民高等弁務官として世界平和のために尽くした。
市川女史が亡くなり35年が経過しようとしているが、相変わらず政治家の不正は改まる要素は伺えない。原因の一つは選挙にお金がかかり過ぎることであり、今一つは切れないしがらみにある。
蓮舫女史か小池知事に期待するのは、少々酷であろうか? 

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

年頭所感

今年の正月三が日は例年になく暖かかった。
元旦は午後に長男夫婦が孫を連れてやってきた。
二日はホームコースのゴルフ場の初夢杯に参加し、三日は子供たちとゴルフで過ごした。四日は翌日の初出式でのスピーチを練った。
五日は、グループ全社員と下職役員、今年入社予定の社員、総勢350人ほどが一堂に会して山崎文化会館において、一年間の安全祈願祭を執り行い、引き続き初出式を挙行した。その席上で私は『現場力』を磨くこと、人間関係を縦から横に目線を変える事を力説し、サークル活動を強く推奨した。
六日はパナソニックの初荷の挨拶を受け、午後からは廣峰神社にパナホームグループの初詣に参列した。

七日はグループ全企業を対象にした《初釜》を催した。

八日はゴルフ(研修会)に出席し、九日は締め切りが来ているPHPの原稿を仕上げた。

十日。今年最初の塾。坂東呂扇さんによる、日本舞踊を楽しんだ。今回はおめでたい席でもあり、最初に『鶴亀』を舞っていただき、その後は塾生たちと一緒に『黒田節』を踊り、初春を身体と心でお祝いをした。
さて2017年はどんな一年になるのであろうか?

1月20日の第45代アメリカ大統領《トランプ氏》の所信表明が大きく影響を与えることは必至である。地球から戦争はなくなりそうもない。今もどこかで飢えと病気によって世界の子供達が命を落としている。
日本は急速に高齢化と少子化が進んでゆく。価値観は《もの》から《こと》へと大きく変化し、混沌としてゆくことは間違いない。しかしその中で私たちはしっかり心の目を開き、少し先を見据えつつ、無理せず一歩ずつ前に進んでいかねばならない。
残された私の人生を、三分の一は自分のために、三分の一は家族のために、残りの三分の一はそれ以外の人のために、尽くすことを決意した2017年の年頭である。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

競馬雑感

昨日、有馬記念が終わり今年の競馬は終了し、来年は金杯からまた始まる。
今回の有馬は、馬連一点と大穴で複勝三点を購入した。
運よく一点買いの馬連が当たり、かろうじて9万弱の残高を持ち越し新年を迎えることが出来た。今年の戦績は昨年と比較してあまり芳しくなかったが、終わり良ければすべてよし、と納得している。
馬券を最初に買ったのは大学生の時だった。
中央大学二年の時、自動車の免許を東京で取得するため、親から仕送りをしてもらったのであるが、他のことに使ってしまい、さすがに再度送ってとは言えず途方にくれていた。そのときちょうど日本ダービーの開催日だった。一か八かで買った馬券が見事的中し、確か3600円くらいの配当だったと記憶しているが、そのおかげで免許証を取得することが出来たのである。そのダービー馬の名前は、忘れもしない《ダイシンボルガード》である。
それから半世紀近く、浅く時には深く、半世紀余り付き合ってきた。
思いつくままに、私の記憶に残っている名馬を挙げてみると、
タニノムーチェ・タケホープ・ハイセイコー・コダマ・ナリタブライアン・シンボリルドルフ・ディープインパクト・オルフェーブル・ウォッカ・オブリキャップ・サイレントスズカ・スペシャルウィーク・スピードシンボル・ドウカンオー・ドリームジャーニー・エアーグループ・アグネスタキオン・・・・
私は最も強い馬は、ディープインパクトだと今でも信じている。とにかくゲートから出ることが出来れば勝つのであるから。どのレースか覚えていないが、4コーナーでとんでもない大回りしたが、勝ってしまったことがある。好きな馬はサイレントスズカとドウカンオーだ。両極端の馬である。スズカは圧倒的な逃げ馬、ドウカンは後方にポツンと一頭、見ていて楽しかった。
日本の馬は最近強くなり世界に出かけており戦績も上げているが、凱旋門賞だけは未だ勝利を収めることが出来ない。来年有馬を制した《サトノダイヤモンド》が挑戦するようだが果たして??
久しぶりに仁川で桜花賞を見たくなった。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

鼠の会

髙橋正弘―大倉ケミテック会長・ジョイックスゴルフクラブオーナー(68歳鼠)
髙橋秀臣―大倉ケミテック社長・正弘氏の長男(44歳鼠)
斎藤真嗣―ニューヨーク州医師・ビルゲイツ、クリントン、ベッカム、アンジェリーナの
     主治医(44歳鼠)
香山廣紀―志澤塾塾長・八幡グループCEO(68歳鼠)

私に斎藤先生を引き合わせてくれたのが正弘氏で、正弘氏の長男秀臣氏が米国に留学中、斎藤先生と知り合い、以降、ひーくん・まさと呼び合うほど親しくなり、その繋がりで今は先生と親しくお付き合いをさせていただいている。
諸事情があり、ここ2年ほど鼠の会は途絶えていたが、2016年12月18日復活し開催された。
鼠の会とは、偶然にも4人の生まれた干支が《ネズミ》ということで命名された。何のことはない、4人でジョイックスゴルフクラブにおいてゴルフを楽しむ会である。私と先生がペアを組み、高橋親子と対戦する。対戦方法は、ペア同士のスコアをプラスし、少ないほうが勝ちであり、18ホールのマッチプレーを行うのである。
今回も我々斎藤・香山ペアが勝利を収め、昼食&ディナーをご馳走になった。
斎藤先生はお人柄そのもので、爽やかなゴルフスタイルである。
プレー終了後、先生はゆっくりされる間もなく、岡山空港から羽田に向かわれた。
来年はいつ開催されるかわからないが、もう待ち遠しい気持ちで一杯である。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

当世TV事情

TVは嫌いではないが、最近はあまり見ない。正確には見たい番組が見当たらない。
NHKでは、朝ドラと大河ドラマと時々放映される、BSでの時代劇ドラマくらいである。12月31日の紅白は概ね見ている。あと、ニュースと天気予報。
民放はほとんど見ないが、列挙してみると
《プレバト(俳句のみ)》多少俳句に興味があるし、塾の講座にも取り入れている関係上。だいいち夏井先生が分かり易く添削してくれるから
《ごちバトル》食べることが好きで、是非一度出演したくてうずうずしている
ドラマは《ドクターX》痛快そのもの
そして《笑点》は欠かさず見る
スポーツは野球を中心にジャンルを問わず好きである
しかしながら、スポーツ以外はすべて録画する。
なぜか?CMがあまりに多すぎるからである。正確に計測したことはないが、私の感で番組全体の3分の1~4分の1くらいがCMに時間を割いているように思えてならない。
以前はもっと少なかったように思う。スポンサーは異常に高くなった広告料金(TV局の人件費やタレントの出演料が高騰したため)を節減するために降りはじめた。
それを補うためには、TV局は料金を下げスポンサーの数を増やしたと思われる。で、CMの本数をふやさなければならなくなり、現況に至っている。と私は考えている。
何人かの友人に聞いてみたが同じように録画しているとの事。
この事情をスポンサーは把握しているのだろうか?
どの番組のチャンネルを押しても、流れているのはCMか出演者だけが楽しんでいる《バラエティ》である。
いずれ人々はテレビから離れて行く‥

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

般若心経の心

~加藤朝胤先生の講座から~

12月6日は、奈良薬師寺執事長である『加藤朝胤先生』にお願いをした。昨年6月に次ぐ二回目のご法話である。
先ず私も含めた塾生は、般若心経のお写経から始める。丁子を口に含み輪袈裟をし、266文字に秘められた宇宙との対話である。

先生曰く、
「お写経は無心でするものではありません。いろいろ腹の立つことや悔しいことや、また楽しいことを考えながらするものなのです。」
般若心経の心は
  ~かたよらない こころ~
  ~こだわらない こころ~
  ~とらわれない こころ~
ひろく ひろく もっとひろく これが 般若心経 空のこころなり
私は6年前に約5年の年月を費やし1000枚お写経をした。もちろん何度か薬師寺にもお伺いし、納経させて頂いた。
久しぶりのお写経であったが心が洗われる思いである。次は塾生と一緒に薬師寺を訪れる約束をしてお別れした。
銀杏の枯葉が歩道を埋め尽くした、初冬の午後である。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

年間行事

今年も正倉院展を観ることが出来た。奈良国立博物館で毎年執り行われており68回を数える。聖武天皇ゆかりの宝物が北倉、中倉、南倉から選ばれて展示される。
本年は64件が出陳され、そのうち初出陳は9件だった。
興味を引いた主なものを列挙してみると、
《鳥木石夾ケチ屏風》オナガドリが左右対称に描かれた板締め染の屏風
《漆胡瓶》ペルシャ風の水差し
《磁皿》二彩の大皿で、聖武天皇の生母の一周忌に使用されたものらしい
《唐草文鈴》飾り金具として使用されていた
《撥ル飛鳥形》染め象牙の鳥形かざり
毎年会場は人ごみでごった返しているが、観終わると爽やかな余韻が残る。
庭園でお抹茶を頂く。晩秋の少し冷気を帯びた風が通り抜けてゆく。
12月は顔見世に行く予定である。今年の顔見世は南座が改修中のため、歌舞練場で行われる。それが終われば新たな気持ちで新年を迎えることが出来る。
残された人生で後何年続けられるだろうか?

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

拝啓 笠りつ子様

拝啓
笠りつ子様。今年一年間お疲れさまでした。すばらしい活躍に拍手を送ります。
私は、1948年生まれの68歳です。これまでのゴルフ人生における戦績はあまり大したことはありません。2001年に、現ジョイックスゴルフクラブ(上月カントリー)レギュラークラスで一回チャンピオンになり、2011年、2012年と同ゴルフ場で、シニアチャンピオンになりました。最高ハンディは2、今は7です。
しかしながらここ3年ほど私のゴルフは霧の中です。一番の迷いの元はドライバーの飛距離です。それが原因で得意だったアプローチ、パターも狂い始め、納得するゴルフができていません。今年シニアチャンピオン大会において二回戦で敗れてから、一念発起してスイング改造に取り組みました。ゴルフ人生二度目のパラダイムチェンジ(20年前に、モウノーマンが提唱するハンマー打法を採り入れた)です。
スイング改造を自分自身に宣言してから1週間もしない頃、多分マスターズゴルフだったと記憶していますが、貴女の映像をテレビ画面で拝見しました。その映像こそ今まさしく私が目指そうとしているスイングそのものでした。それから貴女のスイングをネット上で何回も見、イメージに焼き付けています。
1ラウンドのうちで3~4ショットはまさしく《笠りつ子ショット》が出るようになりました。でも15~20ショットは《香山廣紀ショット》で残りは《笠廣紀ショット》です。
もちろん貴女の様な高いトップとコマの様な振り切りは、いくら練習しても無理と自覚していますから望んではいません。以前のアニカソレンタムの2拍子スイングと酷似しています。足ふみ6回もショット毎に、同伴競技者に悟られないように実施しています。
完成目標は来年の3月です。そのときはせめて《笠りつ子スイング》が40ショットくらいはできるようになりたいと思っています。
ある人を介して貴女とのラウンドについてお聞きしたら、とても私の及ぶところではないので、毎日1回は貴女のスイング映像を見て挑戦いたします。
来年は是非『賞金女王』になって下さい。関西圏で試合があるときは応援に参ります。
今年いっぱいはゆっくり熊本でリフレッシュして、疲れを癒して下さい。
                                      敬具
                                香山 廣紀

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

やはり官兵衛は甘えたちゃんだった

パナホーム台湾という会社がある。その経営責任者として濱野氏が着任して、もう2年になると思う。
彼との付き合いは長く、彼が大学を卒業して半年が経過したころ、当時の八幡ナショナルにメーカーから出向してきた。それがきっかけでかれこれ35年の付き合いである。その間メーカーの営業担当を皮切りに、協業販社の社長を歴任したのち、現在はパナホーム台湾の経営に携わっている。私の評価としては、彼が残した実績は申し分のないものであったと認識している。今の境遇が決して悪いとは言わないが、もう少し経営の中枢にいてもおかしくない人物であると私は思っている。評価というものは難しいものである。
「私が台湾に着任中に来てください」というお誘いをいただき今回の運びとなった。家内も濱野氏とは知り合いなので、何十年ぶりかで夫婦での海外旅行となった。仲の良くない夫婦ではないが、一緒に出掛けるには越えなければならない関門があった。
それは愛犬「官兵衛」の存在だった。どちらかが彼の世話をしなければ、二人揃って留守にすることが出来ないからである。体調を崩している今、普通のペットホテルでは対応が難しいので、かかっている病院に相談したところ、預かって頂けることになり、安心して行くことにしたのである。
台湾に着いたその日の午後から次の日、丸一日濱野氏は私たちをもてなしてくれた。特に二日目は市内観光から九份まで足を延ばしたのだが、途中十份に立ち寄り《家内安全》《世界平和》とと願いを込めて書き記した。空高く『天燈』が舞い上がる様を見上げたのは思い出として残っている。九份は人混みの中を歩いた。千と千尋以来人気が沸騰し、全国各地から訪れるようになったとのことである。夜は小籠包を腹がはち切れるくらい食べ、夜店を案内していただいた。その夜スーパームーンを台湾で眺めた。
案内人として一緒に同行していただいた「王文美」女史は、大変頭の良い女子で気遣いも行き届いており、我々は心地よく過ごすことが出来た。
二泊三日の小旅行だったが、記憶に残る旅だった。ありがとうの言葉しか見つからない。帰国して次の日家内が「官兵衛」を迎えに行くと、拗ねてなかなか家内の指示に従わなかった。いくつになっても甘えん坊の愛犬官兵衛である。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

F1記者 増田和郎

11月8日の講座は「神戸新聞姫路支社長増田和郎氏」にお願いをした。
神戸新聞社とは、やはり地元の新聞社と言うこともあり、少なからず色々なご縁がある。
ギャラリーを創設した頃、当時神戸新聞秘書室長であった「浜渕氏」から依頼があり、ラジオ関西のインタビュー形式による、《地域経済人100人》という30分番組に出演した。それを機会に『はりま自立の家』にチャリティー展覧会の収益金を20年以上に亘り寄付をさせて頂いた。論説委員で後に姫路支社長をされた中元氏とは、ギャラリーの催し物であったインドの貧しい地方に伝承絵画として伝わっている「ミティラー展」を通じてお付き合いが始まり、今は志澤塾の講師の一人としてお世話になっている。子供の絵画展は、発足当時から後援を頂いており、志澤塾に関しても紙上で大きく取り上げて頂いた。また神戸新聞折込センター社の姫路工場や事務所のお仕事も頂戴している。
人の話は聴いてみないと分からないものである。
この6月に子供の絵画展の表彰式の席上で、増田氏に志澤塾での講義をお願いしたところ、快くお引き受けしていただき、今回の運びとなった。
私はてっきり長年の取材現場を通じて様々な事件やその裏話が聞けると思い込んでいた。が、彼は日本一のF1記者であった。1991年から8年の長きに亘り、F1現場を実際に訪れ、眼で見、音を感じ、肌でF1を取材し、記事を書き続けられたそうである。日本人ドライバーが表彰台に上った感動は今も忘れられない。アイルトンセナの事故死の現場にも立会い、ショックは今も脳裏に残っているとの事。当時は16戦F1レースが執り行われていたそうであるが(現在は21戦)その全てを取材し、正に世界を飛び回る活躍である。その距離は1年間に地球5周に相当する道程である。
また例の空白の一日、とされた江川問題もスポーツ記者として張り付かれたそうで、今もその真相は闇の中だと仰った。
プロジェクターを駆使し、本当に楽しいあっという間の2時間だった。
特に私はポルトガルに魅せられて、来年訪れたくなっている。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。