野点


今年も野点を催した。
私は野点、という言葉の響きや字柄が大好きなのである。日本独自の文化であり、諸外国にはこれに類するような言葉や文化、風習は私の知る限りにおいてないように思う。
朱色の野点傘を立て、御園棚を庭にセットし、単衣の着物で白足袋に草履を履き、お点前をした。
屋内では、和菓子作りの体験コーナーを設け、和菓子職人に手ほどきを受けながら、自分自身が作ったお菓子でお抹茶を頂いてもらった。作りたてのお菓子は、ましてや自分が作ったお菓子はことのほか美味しく、抹茶の美味しさをより引き立てたように感じた。
今年もご招待をしたお客様60人ほどがお見えになり、思い思いに楽しんでいただき、笑顔のうちに、五月の爽やかな一日を過ごして頂いた。

  
 
      風薫る 笑顔のうちの 野点かな

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

令和最初の講座

令和最初の講座は薬師寺執事長の加藤朝胤先生にお願いをした。
先生のご法話の前に、石垣明貴杞女史に文字について、学術的見地から講義を受けた。彼女は中国におけるもっとも古い亀甲獣骨文字(紀元前1300年殷時代の文字)の研究を含め、中国各地の言葉、インドに纏わる言語、その他ラテン語を筆頭にヨーロッパの文字を合わせて8か国語を操ることが出来る天才的語学力の持ち主である。元来文字は神にお伺いを立てた占いの言葉であり、神からのお告げとして使用された。蔡倫によって紙が発明されるまでは、文字は亀の甲や木簡に記されていたが紙が発明されてから、文字は爆発的に発展をとげ、様々な経典や辞書などが作られるようになったのである。しかし中国という国は支配者が変わるごとに文化も含めたすべてを否定する特性があり、その文献の殆どは残存していない。毛沢東の文化大革命も中国の特性を顕したものとしてうなずけるところである。
加藤先生のご法話は平易な言葉で私達に生きる知恵について語って頂いた。
人間の天寿は120歳で、春季は1~25歳(人生の基盤期、基礎的な知識や習慣を学ぶ)・夏季は25~65歳(子孫継承期、家族を支える責任)・秋季65~90歳(円熟期、社会奉仕への参加)・冬季90~120歳(自己管理、未来への譲渡)であると説かれ、生涯青春、生涯現役を保つために、何事にも興味を持ち、規則正しい生活リズムで毎日を過ごすことが大切である。朝食は必ず摂り、マイナス思考は避け、読書や美術などの鑑賞をし、脳を活性化しておくことが肝要である。
法話の後我々はお写経をさせて頂き、永代供養をして頂くために薬師寺へ送付した。
私も久しぶりにお写経をさせて頂きその一瞬でも心が清まった思いである。
とても120歳までは生きられないが…

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

平成から令和へ

宮古島にて令和を迎えている。今年の初めに宮古島行きのスケジュールを立てたときに、新しい元号になることは分かっていたが、その新元号が『令和』になることはむろん知るところではなかった。そして今現実として、平成から令和に時代が変わっていく激動を身をもって実感している。しかも私の身の回りには私を知る人間はいない。
テレビやマスコミでこれまで幾度となくその時代の変遷について報道が行われたので、私は自分自身のことのみについて記そうと思う。私は昭和23年7月6日にこの世に生を受けた。幼年期は病弱だった。両親のお陰で今日まで命を頂いている。大学を卒業と同時に父が起こした八幡建設に就職し、結婚もした。一女二男の子供に恵まれ、長女は遠くオーストリアで生活をしており、もう20年近くになる。長男はパナホーム兵庫の経営を、次男はウエルネス兵庫の経営を執り行っている。私が本格的に経営者の仲間入りをしたのは、35歳の時に当時八幡ナショナルの再建を託されてからである。
63歳で社長を退くまで28年間経営の第一線に立ち続けた。決して順風満帆ではなかった。一度赤字を経験したが、50歳を過ぎる頃にはおぼろげながら事業経営とは?が分かりかけた。私はいろんな人に巡り合い恩恵を享受させて頂いた。結論的に述べるなら、事業経営は人間が織りなすドラマであり、人間を理解することが原点である。
私に影響を及ぼした出来事は数え上げればきりがないが、第一はJC青年会議所である。奉仕という私には無かった概念を埋め込んでくれた。第二はSTM研修である。人間は認め合って生きていくのである。第三は水口先生との邂逅である。潜在意識と顕在意識を体験させていただいた。書物としては①田中要人『社長業の実務』②坂の上の雲③ローマ人の物語のみとする。
私は典型的な凡人である。しかし他の人と違ったのは、私の置かれた環境から逃避出来ないと腹を括っていたことである。ならば自分自身のために、そして私の身の回りの人たちのために自分の全てを注ぎ込もうとしてきた。
私の命はあと10年くらいである。次の新しい元号は見ることはない。今は令和を楽しんでみようと思っている。
~令和元年5月3日宮古島にて記す~

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

民衆

民意、を広辞苑で検索してみると「人民の意志」とある。人民を民衆に置き換えてみてもほとんど同意語である。
私は民衆程あてにならないものはない、と思っているタイプである。浅学の範囲内で世界の歴史を見ても、日本の歴史を見ても必ずしも民衆が正しく判断するとは思えない。
記憶に新しい所では、①ドイツ国民がナチスヒトラーを選んだこと。それにより世界第二次戦争へとつながって行き、世界を恐怖の中に落とし込んでいった。②中国国民が毛沢東を出現させたことにより、数々の膨大で偉大な中国の歴史・文化を崩壊させ、やさしい情痴に溢れた国民性が失われ、ぎすぎすした中国を形成している。巨大な野蛮国中国を世界は無視できない状況である。③アメリカ国民は無知で駄々っ子のトランプを大統領にしてしまった。どれほどアメリカ国内はもとより世界が振り回されていることか④イギリス国民はEU離脱と言う先見性のない選択をしたことで、未だにイギリスだけにとどまらずEU各国が混乱している。⑤我が国においても軍部の台頭を許すという誤った判断の結果、太平洋戦争を引き起こし多くの尊い命が亡くなった。等々・・・数え上げればきりがない。
我が国においても安倍政権の長期化が及ぼす悪影響が次々と表面化し、今まさに崩れかけようとしている。自民党内において勇気を持って改革して欲しいと願っている。
4月21日。姫路市長選挙が執り行われた。清元氏が2万票近くの差で市長に当選された。果たして姫路市民は正しい選択をしたのであろうかと、危惧しているのは私だけであろうか?それが杞憂に終わって欲しいと願っている。少なくとも令和の姫路を姫路民衆は彼に託したのであるから、すべてを姫路の活性化の為に尽くして欲しい。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ハナミズキ

今から15年くらい前になると記憶しているが、八幡建設の経営が悪化し、当時妹婿が経営責任者だったが退いてもらい、不本意ながら私が社長に就任し、そのかじ取りを2年ほど行ったことがあった。その時にかなり老朽化した社屋を解体し、八幡住宅産業(現ニューマテリアル兵庫)が使用していた社屋に移り住み、八幡住宅産業本社を今の姫路に移転しニューマテリアル兵庫と社名を変更した経緯がある。
老朽化した社屋の跡地は八幡グループの発祥の地であるので、記念植樹をすることにした。
先ず梅ノ木・桜の木・ハナミズキ・百日紅・紅葉と大小二本ずつ順に植樹した。季節の移り変わりを愛でるという思いと、発祥の地を忘れないためであった。そして私の好きな樹木ばかりを選んだ。
今年は長く桜を鑑賞することが出来た。ふと気が付くと、もうすでにハナミズキが可憐な花を咲かせている。私はハナミズキの花そのものも好きでがあるが、《ハナミズキ》という言葉の響きが美しくて大好きなのである。
平成も残すところあと1週間である。令和の時代までは生きられそうであるが、次の世代には私はいない・・・

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

私は誰でしょう?

昨夜来の雨で桜の花が散り始めた。今年は例年より長く私たちの目を楽しませてくれた。昨年は開花の期間も短く、色も今年の方が鮮やかだった。
月初は何かと忙しく天候にも恵まれなかったので、志澤塾のクリーン活動は延び延びになっていた。中川女史(笑)と二人だけであるし、《今から》と言えば可能である。
で、本日クリーン活動を行うことにした。
相変わらず捨てる人はなくならない。今日は殊の外多かった。
空き缶・ペットボトル・食べ残しの弁当・煙草の空き箱・ティッシュ等々…
私は捨てる人間が理解できない。自分の自宅にごみは捨てないはずである。
令和の時代中に戦争とポイ捨ては消滅してほしいものである。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

まんぷく終了!

車の中でラジオを聴いていると、落語家の桂南光が「あと一週間でまんぷくが終わる、寂しい」という言葉を耳にした。
3月で世界で初めてインスタントラーメンを開発し、世に送り出した日清食品の『安藤百福』氏の妻である『仁子』夫人にスポットを当てた朝ドラが終了した。私も南光さんと同じく気が抜けた気分になった一人である。《あまちゃん》ほどではないにしても、何人かは《まんぷく》ロスに陥った人がいるかもしれない。
今回で4度目の講義をお願いしたのは、現WFP関西の代表で、日清食品の副社長を務められた「砥上隼人」氏である。
まんぷく放映中は、様々に支障をきたすので終了を待ってお話して頂いた。
勿論ドラマと現実とはかけ離れた部分はあるが、経営とか物づくりに対する情熱と執念は全く変わらない百福氏を支えた仁子女史は、ドラマで描かれた様子そのもので、二人三脚でインスタントラーメンもカップヌードルも作り出したのである。
日本発で、世界に於ける20世紀の大発明は、3位がヘッドホンステレオ、2位がカラオケ、そして堂々の一位はインスタントラーメンである。
48歳でインスタントラーメンを発明し、61歳の時にカップヌードルを作り出し、百福氏は2007年1月5日に96歳で亡くなるその日まで仕事をし続けられた。一方仁子夫人も2010年3月17日92歳で亡くなられるのであるが、まさに波乱万丈の生涯だった。
安藤ご夫婦を最もそばで見続けてこられた砥上氏は、講義の最後に我々に以下の様なメッセージを送って頂いた。
《二代目三代目はある意味創業者より困難である。絶対してはいけないことは、『逃避と責任転嫁』である。同族の争い程醜いものはない。コア事業を活性化し利益を追求し、稼ぐ得意技を磨く必要がある。自分の部下を嘆いてはいけない。評価は公平かつ公正にしなければならない。》

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

平成最後の入社式

平成最後の入社式は、例年使用する会場である姫路市文化センターの日程の都合で4月2日に執り行った。今年は全グループ併せて11人の新人が入社してきた。
最近数年間は売り手市場と言われており、学生にとって都合の良い環境が続いており、企業の採用計画は思惑通りには進んでいない状況である。
私が経営の最先端で学生の採用に尽力していた時代も、採用する側と学生側との位置関係はめまぐるしく変化していたように思う。平たく言えばそれぞれの立場において、良いときもあれば悪いときもあり、繰り返していたように記憶している。
こののちも益々少子化の時代になり、企業は人手不足になるであろうが、それに代わるAI化も進み混沌とした社会が到来してくるであろうし、一概に現在の人材事情が継続するとは思えない。
  私は入社式ではここ何年もの間「司馬遼太郎」が我々に残した最後のメッセージである《21世紀に生きる君たちへ》を朗読する。
次いで今年は『存在価値』と『承認』と言うテーマで40分程、~人間が存在する価値、生まれてきた意義~等について具体的な例を引用しながら、全グループの社員に向けお話をした。そしてお互いに承認しあいながら生きて行って欲しいと説いた。そうすれば豊かな人生が遅れるであろう、と締めくくった。
来月5月1日には新しい元号になる。
『令和』。
私は捨てられるものは捨てようと思っている。身軽になって新しい『令和』を生きていく決意である。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

私もようやく仲間入り?

口は災いの元である。
症状其の一・夜中に咳が止まらない。多分に喘息の気はあるのだが、頻繁になった。
症状其の二・鼻水が出る。いくら鼻を噛んでもすぐ垂れる。
症状其の三・くしゃみが出る。しかも相当大きなくしゃみである。
症状其の四・目が痒くて涙が出る。薬局へ行き目薬を買い求めたが症状は一向に治まらない。
グーグルで検索してみた。完全に花粉症の症状である。それも立派な花粉症である。
昨年までは花粉症を誇る連中に、『こんな山奥にいて何が花粉症だ!気合が入っていないからそんなものに侵されるのだ』と言い続けていた。
口は災いの元である。
あと何年も生きられないのだから、これを機会にさらに謙虚?になろう・・・

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

大横綱白鵬?

益々白鵬が嫌いになった。私の相撲歴から抹殺したい。
前にも書いたが私の相撲歴は古く吉葉山時代にまで遡る。今日まで陰になり?日向になり?見守ってきた。一時期ある力士の後援会にまで入り、谷町まがいのことまで行ったことがある。
大阪場所(平成31年3月)において3月20日の11日目の取り組みである。
今場所に大関昇進をかける貴景勝と白鵬の取り組みでの白鵬の相撲についてである。
《あれはなんじゃ!プロレスか?エルボウ二発、あとは張り手という名の左右のフック!》
それでも貴景勝は果敢に攻めていったが、隙をつかれあえなく上手を取られ投げ飛ばされたのである。
そもそも41回も優勝をしている大横綱なら、受け止めて勝負するのが大横綱の務めである。勝てばよいというものではない。品性も品位の欠片もない取り口である。その取り組みについて一言の苦言も呈さない相撲協会及びその関係者達。白鵬に媚びてどうするというのだ。北の富士さんなら、と期待していたがそれもない。
貴景勝は白鵬との敗戦を引きずったまま翌日の豪栄道戦では、二の矢三の矢が出ず負けてしまった。22歳の若者の芽を曲がったやり方で摘んでしまってどうするのだ。
そもそも先場所11勝を挙げた貴景勝を大関にしなかった協会自体の処置についても納得していない。内容が悪い、と言うのである。その裏には様々に物議をかもした貴乃花問題が尾をひいているような気がしてならない。
こうなれば何としても貴景勝が後2番勝って10勝し、大関になってくれるのを祈るばかりである。
それが実現しなかったら今度こそ相撲と縁を切るかもしれない。平成と共に。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ