私の2019年ゴルフ総括

私の2019年のゴルフは、11月4日に終焉を迎えた。

その日は微風好天の中、ゴルフ日和に恵まれた。ジョイックスゴルフクラブにおいて、クラブ選手権・シニア選手権・グランドシニア選手権制覇の記念ゴルフコンペ、ならびに祝賀会を開催した。クラブ選手権は2001年に、シニア選手権は2011年及び2012年に、そして今年グランドシニア選手権に勝利し、グランドスラムを達成することが出来たのを機に祝賀会を催した。総勢206人の皆様に参加していただき、多少の混渋はあったものの和やかなうちに無事終えることが出来た。行き届かない点もあったと思うが、文句も言わずに最後まで盛り上げて頂いた。古市忠夫プロによる始球式・岡田彰布氏による乾杯。全てに感謝しかない。これからもゴルフを益々楽しんで行こうと思った。


一方KGU(関西ゴルフ連盟)主催の競技は、ミッドシニア、グランドシニアとも予選を通過できなかった。その試合を通じて様々な課題が見つかり、来年はせめて予選は通過したいと思っている。また加古川ゴルフ倶楽部で執り行われたグランドシニア選手権では、昨年と同じ準決勝で同じ人物に同じ17番ホールで敗退した。自分自身の未熟さを思い知らされる結果となった。来年の目標がまたひとつ出来たと思い精進しようと誓った。
女子ゴルフ界は何と言っても「渋野日向子」選手の活躍を挙げなければならない。全英女子オープンでの優勝は久々にゴルフ界にとって明るい話題を提供してくれた。試合中に笑顔を絶やさず、おやつ代わりに食べていた《タラタラしてんじゃないよ》(実は私のコンペの参加賞に副賞として使用した)は爆発的に人気になり売り切れが続出し、店頭からは姿が消えてしまうほどだった。しかしながら今年の日本女子オープンにおいて、「畑岡奈沙」選手と渋野選手が同組でラウンドしている風景をテレビで見たが、畑岡選手と渋野選手ではやはり一枚も二枚も畑岡選手のゴルフの方がレベルが高いと感じた。今日本の女子ゴルフ界は黄金世代と称される20歳を中心に展開されているが、他の世代も来年は是非活躍して欲しいと願っている。
男子ゴルフ界は今氷河期かも知れない。石川遼を会長に据え、その人気にあやかろうとしているが長年の怠慢の積み重ねが今日の有様なので原点、すなわちスポンサーおよびギャラリーを大切にするところから立て直しを計って欲しい。先ず服装態度から改めるべきである。クラブハウス内でのジーパン、Tシャツ下駄ばきは慎むべきである。その中で遼君が復活したのは明るい話題である。
負けても勝っても、ミスしても上手くいってもゴルフは楽しい。こんなスポーツに巡り会えて私は幸せである。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

なつぞらとスカーレット

NHKの朝ドラにいわゆるはまりだしたのは、《あまちゃん》からだと記憶している。
能年玲奈が主演で、脇を宮本信子や小泉今日子が固め、東北の漁師町を舞台に、アイドルを目指す物語であった。そのドラマであまちゃんの母役である小泉今日子扮する春子の若いころの役を演じたのが有村架純で、その後大ブレークして今日に至っている。放送が終了した時、あまロスという言葉が流行った。私もその一人だった。片や能年玲奈は理解しがたいスキャンダルに巻き込まれ、一時は引退の危機もささやかれたが、女優名も《のん》と改名し、天性の優れた感性で少しずつ表舞台に現れるようになってきた。《のん》の出身は我々のすぐ近くの田舎町であり、有村架純も兵庫県出身者である。二人共息長く活躍して欲しいと願っている。
今、朝ドラは10月から「スカーレット」が始まっている。9月までは「なつぞら」だった。「なつぞら」はNHK朝ドラ100作記念に当たり、過去において主演した女優がたくさんゲストで出演した。山口智子・松嶋菜々子・小林綾子・田中裕子・比嘉愛未・貫地谷しほり等々である。主演の広瀬すずは若いにも拘らず、しっかりとした演技力で堂々と長丁場を乗り切った。草刈正雄との絡みのシーンでは幾度となく目頭が熱くなった。
スカーレットの主演は戸田恵梨香である。まだ始まって1ヶ月ほどだが、「広瀬すず」と「戸田恵梨香」は全く異質である。「広瀬すず」は確かに演技力はあるが、所詮演技である。一方「戸田恵梨香」は「川原喜美子」そのものである。
スカーレットも一作も欠かさずビデオ録画も挟みながら、最終まで見てしまいそうである。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

淡路島私考

    淡路島かよふ千鳥の鳴く声に
        いく夜寝覚めぬ須磨の関守(源兼昌)
 
淡路島について調べてみた。
淡路島は南北53㎞、東西22㎞、周囲203㎞、面積590平方キロメートルで、瀬戸内海に位置する温暖で風光明媚な島で、人口は13万人、沖縄本島に次いで2番目である。兵庫県明石市と繋ぐ明石海峡大橋は全長3911mで、世界一のつり橋である。また四国とも大鳴門大橋で繋がっており、その橋下に渦巻く「鳴門の渦潮」は世界最大級の規模で毎日観潮船が就航しており、我々も間近で観ることが出来る。
古事記によると、天の神様たちは、イザナギノミコトとイザナミノミコトに矛を授け、国づくりをお命じになった。二人は下界の海水をゴロゴロと掻き回してから、矛を引き上げると海水が滴り落ち、その雫でオノゴロ島が生まれ、それが淡路島となって日本列島が創造され、そこから世界が誕生したと伝えられる。
江戸時代になると蜂須賀家が治める阿波の国(現徳島県)の領地となるが、その関係は極めて良好で対等的な立場で続いたが、幕末近くになると様々な思惑が交錯し軋轢が生じ始めた。明治になると庚申事変、所謂稲田騒動が勃発し、稲田氏側に多大な死傷者が出、遠く東北の地に逃れた者もあって、その確執は決定的になり、それを機に1876年兵庫県に編入された。
淡路はまた多くの文化人や高田屋嘉兵衛を初めとする経済人を輩出しており、神代の時代から今日に至るまで歴史的に興味の深い島である。食べ物も豊富で、玉葱は勿論びわ・シラス・海栗・鱧そして淡路ビーフ。淡路瓦も有名で線香も全国トップシェアである。
忘れてはいけないのは、1995年1月17日5時46分に発生した、淡路北淡を震源地とする《阪神淡路大震災》である。私は当時パナホーム兵庫の社長だった。営業部長と設計部長と三人で、タコフェリーに乗り、震災服に身を包みリュックを背負って現場視察に出掛けた。その惨状は今でも目に焼き付いている。地元やメーカーの依頼を受け少しでも復興のお手伝いが出来ればと思い、淡路に出張所を開設した。その期間は3年に及んだ。
この間淡路で久しぶりに人形浄瑠璃を観る機会を得た。室町時代に始まったとされており、三条八幡神社に発祥の碑がある。黒子に身を窶した三人の息の合った見事な人形使いにただ見とれて半日を過ごした。
無性に日愛の名物名代きつねうどんが食べたくなった。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

今年のプロ野球総括

昨日(10月23日)で日本シリーズが終わり、日本のプロ野球は幕を閉じた。
結果はご存知の通り、ソフトバンクがレギュラーシーズン2位にも関わらず、ジャイアンツを4勝0敗で下し3年連続日本一に輝いた。ジャイアンツがだらしないというより、ソフトバンクの強さが目立ったシリーズだった。戦前は攻撃面守備面においては互角で、投手、特に中継ぎ抑えではソフトバンクが有利で、4勝2敗くらいでソフトバンクが勝利すると予想していた。しかしながらソフトバンクの圧勝に終わった。
その要因は、工藤監督が短期決戦の戦い方を熟知していて、2番坂本、3番丸を研究し尽くして完全に抑えた事が勝因の一番に挙げられる。守備力の差も如実に表れた。ジャイアンツは肝心なところでエラーや凡ミスが目立った。選手層の厚さも比較にならなかった。ジャイアンツは負けるべくして負けたと思う。それにしてもジャイアンツは不甲斐なかった。ソフトバンクはレギュラーシーズン中、主力選手の怪我で苦しんだが、出揃うと地力があった。
阪神タイガースについて少し記してみる。総評としては68点くらいかな。先ず打線。ホームランの数の少なさには呆れる。開幕前から予想は出来ていたとはいえ、大山の14本がチーム一ではお話にならない。早急に補給するべきである。棒にも箸にもかからない安物の外国人はさっさと首にして、大砲30本ホームランの打てる右打者を獲得するべきである。例えば、バレンチンとかレアーズ、あるいはソトあたり。ついで守備。100を超えるエラーの数は聞いたことがない。徹底的に鍛え直す必要がある。投手は先発が足らない。西と青柳だけでは心もとない。あと3人は必要である。高橋、望月、岩貞、ガルシア、そういえばガルシアの誤算は響いた。少なくとも12勝5敗くらいと私は読んでいた。まさか複数年契約をしていたのではないだろう?外国人は単年度契約をしないと働かない。抑えは来年は藤川一人では心もとない。今年も最初は中継ぎからスタートして、やむを得ず抑えに転向したのがたまたまうまくいっただけだから。後半追い込みで奇跡的に3位に食い込んだが、課題は山積みである。それにしても、矢野監督、高校野球じゃないのだから、あのガッツポーズだけは控えて欲しい。指揮官は一喜一憂してはいけない。一年目としてはお疲れさまでした、と言っておこう。ただ納得できないのは、鳥谷選手の処遇である。阪神一筋で2000本安打を打ったのは、藤田平以来の選手なのだから。
楽しみな選手としては、ヤクルトの村上、オリックスの山本投手、阪神近本選手。
来シーズンは何人か監督も代わるようである。楽しみながら野球を観戦する。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ONE TEAM

日本でワールドラグビーが開催されるまでは国民の殆どはラグビーに関心が薄かったと思う。4年前、南アフリカに奇跡的に勝利したことがある、くらいと、サッカーは11人だがラグビーは15人で行う競技で前にボールを投げるという行為は反則である、くらいの知識だったと思う。私もその一人だった。
しかしながら、退屈しのぎに第一戦のロシア戦にチャンネルを合わせてみるや否やすっかり虜になってしまった。激しいぶつかり合いの中にも紳士的な細かなルールが存在し、よく考えられた戦略戦術が展開されてゆく。そして決められた時間、80分が経過すると、所謂ノーサイドで、敵味方がその健闘を称え合う。
私は全くの認識不足で日本は予選リーグで1勝できたらいい、と思っていた。ところがあれよあれよという間に4戦全勝で、予選一位で決勝トーナメントに進出したのである。ラグビー発祥の地である、アイルランドやスコットランドに勝利し、ロシア、サモアには圧勝だった。特にサモア戦においてモールで押し込みトライを決めた瞬間は信じられなかった。モールで押し込まれ、トライを許すシーンは幾度か目にしたことがあったが、押し込みトライを勝ち取る光景は目を疑った。
250日以上に及ぶハードな訓練を積み重ね、お互いがお互いを信じあい、31人がリーチマイケルを中心としたONE TEAMとなった結果得た栄光である。何か得るためには何かを犠牲にしなければ決して掴むことが出来ないのである。
俄かファンが本当のファンになり、ラグビーに子供達が興味を抱き、やがてすそ野が広がり、4年後にフランスで開催されるワールドラグビーにおいてさらなる飛躍を期待できる今回の大会だった。
まだまだ準決勝、決勝と進んでいくが、決勝戦はテレビで観戦したくなっている。あえて私の予想を言えば、ニュージーランドが一歩抜けているような気がするが、果たして?

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

敗軍の将兵を語る

敗軍の将兵を語らず、という言葉があるが、今回は敢えて兵を語って頂いた。
去る四月に行われた、姫路市における市長選挙に立候補され、あえなく落選された「飯島義雄」氏に志澤塾の講義の一環としてお話をして頂いた。
氏は地元の高校を卒業後、見事東大に入学。自治省(現総務省)に入省され、防災担当課長、福井県副知事を歴任されて、平成23年に姫路市副市長に就任され4年間務められた。職を引かれた後、自転車で姫路市をくまなく回られ、市長選に立候補されたのである。しかしながら2万5千票の差で敗戦の憂き目に合われたのである。
今姫路市の人口は53万人を数えるが、例に漏れず人口減少超高齢化の波に直面している。特に過疎地では高齢化が進んでおり大きな社会問題を露呈している。その解決策はやはり《魅力ある姫路》創りを展開する必要がある。幸い姫路は兵庫県下でもトップクラスのお金持ちの自治体であり、その財力を活用し、子育て、福祉、教育に力を注ぎ、他の自治体は勿論他府県から人を呼び寄せる施策を行う必要がある。当然日本における世界遺産第一号である姫路城をさらにPRし、観光客獲得に努めるべきである。
上記に記したようなことを訴えられたが姫路市民に残念ながら届かなかった。
投票率があまりに低かった(45.8%前回より1.6%下回った)ことに加え、あまりに正攻法で戦い、《勝つための戦略が乏しかった》等々が主な敗因に挙げられる。姫路市民はもっと自分たちの住むふるさとに関心を持ち、選挙に足を運ぶべきである。
私も第二の故郷である『姫路』に何が出来るか考えてみよう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

金木犀ふたたび

車をガレージに入れドアを開けると、微風と共に金木犀のあの甘酸っぱい香りが車内に漂って来る。私はあの金木犀の甘酸っぱい香りで毎年本格的な秋の訪れを全身で実感する。
   ~今年も秋がやってきた そして私は生きている~
金木犀の香りは、私にとってJC(青年会議所)の香りでもある。
私は人生において、いい意味においても悪い意味においても様々な人々と邂逅した。いろんな書物にも巡り合った。その中でJCとの出会いは掛買いのないものの一つである。
JCは私に、誰かの為に何かをする『幸せ』を教えてくれた。金木犀の香りの中で理事長を仰せつかり、一年後に再び金木犀の香りと一緒に他のメンバーに理事長をバトンタッチをした。あれから30年の月日が経過した。
今日は10月1日である。消費税が8%から10%になった。今朝もいつものように高速道路を利用して志澤塾に来た。700円は720円に、410円は420円にアナウンスされた。
街の所々に立てられた赤や青や黄色のシデが目に付く。播州地方における秋祭りの到来である。そしていつの間にか金木犀の香りは忘れ去られてゆく。
来年も香りを楽しみたいものである。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

応援したくなる時計店

地方の経済の疲弊は相当深刻である。テレビで時々シャッター通りが放映される。昔の面影は消えさっていて閑散としている。
わが宍粟市山崎町も例外ではない。午前10時頃には店は開くが歯抜け状態である。夜6時を過ぎると全てのお店は閉まってしまう。日曜日ともなるとシャッターは閉じられたままである。開いているのは郊外にあるスーパーくらいである。
その中で夜になっても明かりが灯り、日曜日も開いている店がある。かつてのメイン通り、本町通りに面した時計店である。年老いた母親とその息子が経営している時計店である。もちろん時計だけでなく、眼鏡、宝石類、CDなども販売している。
私は時々伺う。腕時計の電池が切れた時その交換をお願いするのである。何年か前に神戸にある私が腕時計を購入した専門店にその時計の電池交換に行ったところ、1ヶ月以上待たされ、しかもかなりの高額だったので、山崎のその時計店に相談に行くと、その場で簡単に交換してくれびっくりするくらい安価だった。それ以来用事がある時は伺っている。
今回は私のゴルフコンペの商品に何か相応しいものはないかと思い立ち寄り、興味深いものがあったので3点ほど購入した。
何となく、応援したくなる時計店である。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ディープインパクト

競馬との最初の出会いは約半世紀を遡る。
中央大学の学生のころ、学問に勤しんだという記憶が殆どない。ましてや学生運動華やかしき時代で、我が学園もストライキを起こし校舎を封鎖し授業はボイコットされ、より一層怠惰な時を過ごしていた。この時期を利用して同棲していた従弟(男)と運転免許を取得しようと思い立ち、自動車教習所に通うことにした。田舎からその費用を送金してもらい、それぞれに教習所へ通った。真面目な従弟はとんとん拍子に段階をクリアーし早々と免許証を取得したが、私はその送られてきた費用をこともあろうか様々な遊興に使い込んでしまったのである。
再びお金を送れとも言えないので、一発勝負で試験場に挑戦し受験したが悉く落とされてしまった。私は途方にくれていた時新聞に目を遣ると、明日ダービーが開催されることを知った。残された道はこれしかないと、財布の中を見ると奇跡的に2000円があり、それを握りしめ後楽園に在った場外馬券売り場を目指した。
本命は《タカツバキ》で3枠(当時は枠連か単勝しかなかった)もう一枠は4枠、すなわち3×4を1000円(10倍程度)。残った1000円で1×6を購入した。理由は簡単。3×4は足して7、ラッキーセブン、1×6もラッキーセブン。
果たしてタカツバキは落馬し、もはやこれまでと諦めかけたが、なんと1×6が入ったのである。大崎騎手が乗る《ダイシンボルガード》が勝ったのである。43倍の高配当である。そのおかげで再度教習所に通い、晴れて運転免許証を手にすることが出来た。
50年の月日が流れた今は、銀行口座に馬券の専用口座を設け重賞を中心に楽しんでいる。戦績はその年によって異なるが、おおむね年間10万くらいは使っているようである。
いろんな名馬を見てきたが、やはり最強は《ディープインパクト》である。この7月30日に亡くなったが、種牡馬としても数々の名馬を輩出してきた。冥福を祈るのみである。
思いつくままに私の印象に残る名馬を列挙してみる。
スピードシンボリ・オグリキャップ・メジロマックイーン・ハイセイコー・シンボリルドルフ・ナリタブライアン・サイレンススズカ・スペシャルウィーク・オルフェーヴル・ウォッカ・スパークリーク・キタサンブラック……

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

仕事十則

西嶋氏が地元の金融機関に在籍していた頃、どうしたら金庫の職員が気持ちよく働いてくれるのだろうか?と色々試行錯誤を繰り返しながら、独自の言葉で実践に則した10の原則を創り上げた。それを今回は《私があなた達と共有したい10の事》と題してに分かり易く説いて頂いた。
① 基本に忠実であれ。他人に対して思いやりを持ち、礼儀正しく接し挨拶すること。
② 約束は守れ、評論家はいらない、批判者傍観者になるな。
③ イエス、ノーを明確にし、出来ることを確実にやる勇気を持つこと。
④ 期限を切らない仕事は仕事ではない。ダラダラしない。物事や人にも旬がある。
⑤ 心からお客様に接しよ!熱意と情熱を持って商品提案をせよ。
⑥ 生き金を使え、死に金は使うな。2000円のワイシャツより2000円の靴下を贈れ。
⑦ 他人の悪口は言うな。他人の所為にしても何一つ問題は解決しない。
⑧ 仕事に優先順位をつけよ。状況変化を常に見極めそれに合った仕事をせよ。
⑨ 言い古されているが、継続は力である。部下と成果を分かち合え。
⑩ 金太郎集団から桃太郎集団、即ち個性や役割を意識し仕事は進めなければならない。

私が思うに西嶋氏の下で働いた部下たちは幸せだったと思う。真のやさしさを持った本当に良い男である。私は良い友達に恵まれていると、つくづく感じた晩夏の一日だった。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ