子供の絵画展

今年で子供の絵画展は35回を数えた。
私が、当時の「八幡ナショナル住宅」の再建を託されて、赴任したのが39年前のことである。34歳の夏だった。今でもその時の様子は鮮明に記憶に残っている。モデルハウスを移築した建物で、社屋というよりは作業小屋のような事務所だった。出来るだけ早い時期に社屋を新築したいと思っていたが、資金的に乏しい状態であったので、なかなか決心がつかなかった。新たにアパート事業を展開し、かなり業績は回復しつつあったが、新しく社屋を建築するだけの資金はなかった。しかし、アパートの営業方法からヒントを得て、誰か個人の名前で建築をしていただき、その人に家賃を払うシステムなら可能だと閃き、私の父にその名義人になってもらい、父に金融機関から借り入れをさせて、その返済額を上回る家賃を父に支払う、という約束で新築する計画を立てた。
早速私の友人の設計士に相談し設計に取りかかった。メインである1階部分をどうするかと迷った。ショウルーム?サロン?どれもピンとくるものがなく、ふと口に出た《ギャラリー》に胸踊るものを覚え決定したのである。
各地の美術館を見て回り、結局岡山にある『オリエント美術館』を一部取り入れ創り上げ、その名称を『ルネッサンススクエア』と命名し、館長を(故)池内登氏にお願いをしてスタートした。
ギャラリーでの催し物でどうしても行いたいものが2つあった。その一つが《子供の絵画展》である。第一回目は私と中根女史で、各教育委員会を皮切りに、姫路地区・龍野地区の小学校を訪問して、出品の依頼をしたが、結果は150点しか集まらなかった。しかし回を重ねるごとに出品数は増えて行き、1200点を超すようになり、その数を制限するまでになった。表彰会場も最初はギャラリーの中で行っていたが、手狭になり社屋の大会議室に変更したが、いつごろからか隣のホテルで行うようになった。コロナ禍ということもあり、今年3年ぶりで表彰式を執り行い、清元姫路市長も臨席していただきいい式になった。
一番の思い出は、子供の絵画展での作品をカレンダーに出来た事と、NHKの依頼で作品何点かを遠くドイツまで貸し出した事である。SDGsの先駆者だったと、自負している。

あなたも書道家パートⅡ

12月の書道教室に引き続き、6月も高砂先生に塾の講座の一環として書道教室を開催して頂いた。12月は年賀状を想定して《寅》という字をメインに習い、6月は暑中見舞いにふさわしい字を選んでいただき、『手習い』を行った。
例えば、《涼》《水》《なつぞら》《波》等々である。また自分自身の名前を書いて事前に先生に送付していたのであるが、その添削もして頂いた。 
私は、《涼》《水》が比較的、書らしく仕上がったので、どちらかを暑中見舞いはがきに使用しようと目論んでいる。まわりを見回すと、誰もかれもがいっぱしの書道家気分で筆を滑らしている。こんなに書くことが楽しいのならもっと若い時に少しは習っておくべきだった、などと後悔する。因みに井戸前知事も高砂先生の門下生である。

池田女史の来庵

先日池田女史がやってきた。聞くところによると定年だそうである。そのあいさつで来られた。八幡ナショナル時代も含めてパナホーム兵庫で31年間勤務したとのこと。私は11年前にパナホーム兵庫を辞したから、約20年間、俗っぽく言えば『同じ釜の飯を食った』ことになる。面接の様子を私はあまり覚えていなかったが、彼女はよく覚えており、大変印象が良くて「明日からでも来たらいい」と、私は言ったらしい。考えてみれば数えたことはないが、これまで1000人以上は面接したと思う。ずいぶん適当な応対もしたかもしれないと、今更ながら反省している。
でも彼女のことは少しだけ覚えており、彼女は30歳くらいだったと記憶しているが、その一年くらい前に主人を肺がんで亡くしており、男の子を一人育てていた。その割には明るく前向きな姿勢が、多分気に入ったのだろう。それが《明日からでも》に繋がったと思う。
彼女は、展示場アドバイザー、満足センター(CS担当部署)、賃貸管理センターと部署は変わりながら、それぞれの部署をちょうど10年ずつ勤め上げたとの事。ご子息も大学を卒業後東京で楽しく元気に働いているらしい。
彼女は最後に
~パナホーム兵庫で働いてよかった、本当にいい会社です~
と言い残して去って行った。私にとって最高のプレゼントになった。
~ありがとう、池田さん~

男はつらいよ

「男はつらいよ」は、山田洋次と渥美清が創り上げた、一大抒情詩である。その作品は27年間に及び、48作を世に輩出した。渥美清は68歳で亡くなったのであるが、晩年は病魔との闘いだった。彼のプライベートは全くベールに包まれたままである。数少ない個人的な付き合いは、早坂暁氏と黒柳徹子女史くらいだったと言われている。時々は句会に顔を出し俳句をたしなみ、その俳号は『風天』と称した。

私は古希を過ぎた。三世代(昭和・平成・令和)にまたがりこの歳まで生きてくると、社会とのつながりも多く、様々な人々と拘わってきた。おそらく何千人以上の人々との出会いがありその分だけ別れもあった。若い頃は感情を露わにして、時には激しい言動を繰り返した記憶がある。しかし、ここまで歳を重ねると感情をむき出しにして、人と接することは出来ない。いかに私の価値観や生き様や哲学と食い違いがあったとしても、あからさまな態度はとれない。感情を抑えるだけでなく、抑えていることを悟られるのさえも憚られる。エベレストよりも高いプライドを傷つけられようとも、ミシンの糸よりも繊細でナイーブな神経をズタズタにされようとも、冷静さを装うのである。男はつらいのである。

 男とゆうもの つらいもの
 顔で笑って 顔で笑って
 腹で泣く 腹で泣く

寅さんに会いたくなった…

3年ぶりの野点

  3年ぶりに野点を開催した。コロナ禍と言うこともあり招待客も限定し、規模を縮小して執り行った。前回好評だった和菓子創りを会場で行い、希望者には(時々はかなり強制的に笑)自分自身のお菓子を作ってもらいそれを食べ、雲一つない澄み切った青空の下でお抹茶を頂いた。
私は単衣の着物を着たが、今回お点前は女性に任せ裏方に徹した。お抹茶の頂き方・器の由来・茶杓の説明・水差しの作者・そして展示した聖火ランナーのトーチの自慢・お席に入る人々の案内等々。
しかし最も人気を博したのは次男の生後6か月になる子供《太郎》、すなわち私の孫の存在だった。その日はどういう訳か珍しく機嫌が悪くむずがった。それでもみんなから「たろうちゃん、たろうちゃん」と言って可愛がられていた。
  
お茶会は私は楽しく笑いの中で執り行いたいという思いで、茶室の名前を守・破・離をもじって『波裡庵』と名付けた。
11月の炉開きの時はどのような状況下になっているかは想像できないが、厳粛に楽しく開催したいと願っている。

或るエンタメニュースから

先日ふとテレビのスイッチを入れるとエンタメニュースが流れてきた。
その中の一人の「斎藤工」が、今一番気に入って自分に言い聞かしている言葉は
~歳を重ねてしてはいけないこと。一つ《説教》二つ《昔話》三つ《自慢話》です。実はこの言葉は「高田純次」さんから教えて頂いた言葉で、肝に銘じています~
と話していた。
なるほどと感心した。そういえば私も知らず知らずのうちに、説教や昔話や自慢話を繰り返していた記憶が蘇ってきた。自分が他の人から聞かされて不快な思いをしたにも拘わらず、自分自身がそれを行ってきた。
今日今~2022年5月27日午後2時35分~は香山廣紀が自分にコミットした記念日である。

私の目標・関本氏

氏は私の目標である。正確に言うならゴルフにおける私の目標である。氏は多分85~6歳になられていると思う。
私が何年か前に加古川ゴルフ俱楽部に入会させていただいて、その存在を改めて知ることになった。氏は、週2~3回はラウンドされている。主に加古川ゴルフ俱楽部でのラウンドであるがもちろん他のゴルフ場にも出かけられる。氏のゴルフスタイルは、決して老人ゴルフではない。そのプレーぶりは若々しい。当然飛距離は落ちていると思うが、それを感じさせない気力が溢れている。何度か倶楽部競技でご一緒させて頂いたが、90ヤード以内のショットはまさに神業である。正確なパットでスコアは90を出ることはない。
「香山さん、ラウンドするたびにエージシュートや」とおっしゃる。
それは自慢でも何でもない事実である。私の憧れの人、それは関本氏である。

わが友・土方公二君

彼とは同郷である(宍粟市山崎町)。田舎の山崎高校で知り合い今日まで約半世紀以上の付き合いが続いている。同じクラスにはなった記憶がないが当時の校長が進学と言う勉学にこだわり、2年生になると普通のクラスはそのままにして新たに別に就職組と進学組を作り、さらに進学組を理系と文系に分け、さらに文系の生徒に試験を行い、成績順で3段階に分類し、徹底した進学指導を進めたのである。結果田舎町にしては関関同立を初め、京大・阪大・神戸大・東北大などを含めたいわゆる国立一期校にもかなりの数の生徒が進学した。その進学組の文系クラスで彼と親しくなったのである。私は受験に失敗し浪人生活を余儀なくされたが、彼は稀代の秀才で見事京都大学に合格した。
彼はESSクラブに早速入部し英語を学び、英語での弁論大会にも出場し英語力を高めた。就職するにあたり、私の記憶では三菱商事からも内定は貰っていたが、結局は日産自動車に入社した。私の結婚式にも参列してくれ、素晴らしいスピーチを披露してくれた。そのスピーチの内容は今でも覚えており、その後出席した幾度かの結婚式での挨拶に使わせてもらった記憶がある。(ごめん土方)
日産自動車に入社してからは、アメリカ・オーストラリア・ドイツなど海外勤務を歴任し、当時の石原会長の秘書課長も勤めあげた。私は副社長くらいまでは登ると信じていて、彼に義理立てしていたわけではないが、社内で私だけ日産の車に乗り続けていた。おりしもゴーン改革の嵐が吹きまくり、彼は傍系のファイナンス会社に追いやられてそこで定年を迎えた。人間の運気とは不可思議なもので、丁度運悪く病魔が彼を襲い、一時は発声もままならぬ状態に陥ったが、持ち前の明るさと努力でリハビリに努め、今では健常者と遜色のないところまで回復している。彼が落ち着いたころ、私が所用で上京した際に神田の藪そばで食事をした時のことである。私は彼の勤勉さと感性を高校生時分から信じていたので、彼に俳句を勧めた。
次に会った時には井上弘美女史に師事し、すでに俳句への道を進んでいた。聡明さでめきめきと俳句がうまくなり、志澤塾でも4回ほど俳句講座を開いて頂いた。この8月には句集を上梓するとの事。自分の事のように私は嬉しくてたまらない。
彼は、私が最も誇れる友人の一人である。

井戸氏・20年の兵庫県政を語る

5月の志澤塾の講座は前兵庫県知事である井戸氏にお願いをした。当初の計画では新春1月の予定であったが、コロナ禍の影響で延び延びになり、ようやく今回開催することが出来た。
井戸氏は、私が住む宍粟市の隣町である新宮町の出身で、以前から親近感を感じていた。小学生時代に関東に引っ越しされ東京大学卒業後、当時の自治省に入省。いわゆる高級官僚として鳥取県を皮切りに各地方で活躍され、1996年、貝原知事に請われて兵庫県副知事に就任される。貝原知事と共に、阪神淡路大震災の復旧に当たられ、任期半ばで貝原知事が退任された後、兵庫県知事選に立候補し見事勝利され、48代兵庫県知事に就任され、5期20年の長きに亘り知事を務めあげられたのである。当初は大震災の復旧・復興に奔走される日々が続いた。
就任後は「参画と協働」を県政の基本姿勢に掲げ、様々な施策を展開された。財源と国の対処方針の枠内でしか対策を打てないという限界を感じながらも、住宅再建共済制度(フェニックス共済)の実現、「県民緑税」制度を施行したり、心の復興を掲げ「芸術文化立県」を目指し、佐渡裕氏を迎えて芸術文化センターを新しく創り上げられた。また「ありがとう・心から・ひょうごから」をスローガンに兵庫国体も開催。最後の一年間はコロナ対策に追われる一年だったと述懐された。
終わりに5期20年。その歩みは「危機と創造の時代だった」と語られ、兵庫の強みは何と言っても、摂津・丹波・但馬・播磨・淡路の旧五国からなる多様性と個性地域ごとに多様な歴史と文化を持ち、自然や風土も違う地域が、「地域連合」としての強みを生かし、総合力を発揮する事こそ、これからの兵庫の進む道であると、メッセージを我々に贈られた。
4年後にはWMG(ワールドマスターズゲームズ)がアジアで開催される。その大会に80歳以上の部門で50m・100mの平泳ぎに出場のエントリーをされるとのこと。益々お元気で、兵庫県のために、日本のために活躍されることを心から願っています。

7年越しの恋

今回講師をお願いした細田氏は元積水ハウス姫路支店長である。
私がパナホーム兵庫の社長を勤めた28年間の内5年程同じ時期を過ごした。特に《播磨プレハブ住宅推進協議会》の会長在任中は、よき理解者でもあり協力もして頂いた。例えば、大手デベロッパーと提携して、運営会社に頼らずプレ協7社(播磨プレハブ推進協議会の事をプレ協と称していた。7社とは積水ハウス・大和ハウス・三井ホーム・ヘーベルハウス・セキスイハイム・ミサワホーム・パナホーム)で企画立案し、独自に展開する分譲型綜合ハウジングセンターを運営した。また姫路市が所有していて売れなくて塩漬け状態になっていた土地に分譲住宅を建設し、土地と共に販売を行い、市から感謝されたこともあった。そのような事業展開を聞きつけた地元の中小のデベロッパーから様々な事業提携の話が持ち込まれ、相当な事業を行った。
細田氏は積水ハウスを定年1年を残し、59歳で退職。かねてよりの夢の実現を目論んだが、地元や取り巻く家庭環境の都合で、その実現は62歳まで待たねばならなかった。
私は塾設立当初に講師のお願いをしていた。氏はNHKの報道番組で、南米大陸を制覇するツアーを知り、これだと実感しすぐさま行動を起こし参加したのである。《南米大陸114日間の旅》ツアーである。
 《鰐と遊泳》《ピラニア釣り》《ジャングル寝袋の夜》《氷河の旅》《海抜4000mのトレッキング》《アナコンダ探し》《チリでのマイナス20度の体感》《神々が住む山岳》《絶景イグアスの滝》《アマゾン川下り》《塩のウユニ湖》《チチカカ湖でのホームステイ》等々数え上げればきりがない。
 
氏が撮影した5000枚以上のフィルムから200枚ほどをピックアップし、映像を交えながら楽しく話していただいた。


細田氏に私は講義をお願いし続けていた。氏は話すのが苦手、とか、塾生のためになるような話ではない等と言って固辞してこられた。今回それがやっと実現した。正しく7年越しの恋が実ったような思いである。
(※尚もっと詳しく映像がご覧になりたい方はデータがありますのでお申し付けください)