2月25日の講義から

今日は2月27日。
志澤塾の庭の枝垂れ梅の蕾が一つ二つ綻び始めた。事のほか寒かった今年の冬がようやく終わり、春の足音が聞こえ始めた。開講して1年が過ぎようとしている。
勝算のないままスタートし、試行錯誤を繰り返しながらの1年だった。
今回のテーマは《非常時、異常時におけるマネジメント》である。私が経営の実践の中で執り行った事例を中心に紹介し、それぞれにコメントをしながら進めていった。
①アパート事業の展開(昭和58年)
30年前に私が当時の『八幡ナショナル住宅』の再建のために赴任し、最初に執った戦略である。率先垂範、鬼の営業部長の実践について熱く語った。
②15%の昇給(平成5年)
世間が不況時、全員に15%昇給し、結果的に大躍進をしたエピソードについて詳しく解説した。
③常務の死(平成7年)
52歳の若さで、くも膜下出血で亡くなった常務の臨終から葬式、そしてその後の退職金までを、私が詠んだ弔辞も含めて紹介した。再度私も目頭が熱くなった。
④寝耳に水(平成14年)
メーカーの販売体制が180度転換した時の対応について、当時を思い出しながら話した。
⑤記念植樹(平成15年)
唯一赤字決算をしてしまった記念に、全社員で枝垂れ桜の植樹式を執り行った。所謂《赤字記念植樹》である。心の戒めにしたのである。
⑥兵庫プレカット(平成22年)
経営の教科書のような、絵に描いたような再建策が成功を収めた事例を紹介した。
愛読書『坂の上の雲』の一節に、大山巌元帥が児玉源太郎に
「勝ち戦のときは児玉さんに任せます。負け戦になったら私が指揮を執ります。それまではゆっくり昼寝でもしておきます。」という行りがある。
予測できることは、あらゆる手段を通じて手を打っておかねばならない。それでも長い事業経営の間には、突発的な出来事は生じるものだ。その時真価が問われる。うろたえることなく冷徹に事態を見極め、対応しなければならない。
全身全霊を傾けて、陣頭指揮で臨まなければならない。
何故なら、決して失敗は許されないのだから。

冬季オリンピック総括

第22回冬季オリンピックはロシアの《ソチ》で行われた。開催されるまでは、その場所も地名も全く知らなかった。テロの脅威の中、大会関係者は閉会まで緊張の連続で、ゆっくり楽しむ気には到底なれなかったと推測される。無事に閉会し、胸を撫で下ろしている事だろう。続いて始まるパラリンピックも何事もなく終わることを祈っている。
外国の選手のことは知らないので、日本人選手について私なりに総括してみることにした。
まず一番に挙げるのは《葛西紀明》選手である。大変失礼だが、入賞すれば上等と競技が始まるまでは正直思っていた。個人戦、団体戦と彼の活躍は私に感動と、日頃の怠惰さに活をいれてくれた。彼は『45歳、49歳』も視野に入れている。次いでは《羽生結弦》選手の金メダル。平昌でも是非金を、と期待する。スノーボードでは、ハーフパイプの《平野歩夢》君と《平岡卓》選手は私を楽しませてくれた。また女子大回転での《竹内智香》選手の滑りは、手に汗握るシーンの連続だった。スロープスタイルという競技の存在を教えてくれた《角野友基》選手にも大いに期待するところである。スキーハーフパイプの《小野塚彩那》選手にも心から拍手を送りたい。久しぶりにメダルを獲得したスキーノルディック複合の《渡部暁斗》選手にも賛辞を送り、今後後輩指導を含めた活躍を願っている。残念なのは何と言っても《上村愛子》選手である。なんの価値もないが私からあなたに『プラチナメダル』を差し上げる。
それからマスコミに苦言を呈す。沙羅ちゃんにあまりにも期待を押し付けすぎた。「金確定」「金メダル候補一番」とか、17歳の真面目な彼女はそれをまともに受けて、見ていても笑顔がなかった。大いに反省して欲しい、と同時にオリンピックで勝つということの難しさをしみじみ味わった。
一方「浅田真央」選手には、マスコミも日本人も甘すぎる。どこかの元総理ではないにしても、私は彼女の持つ弱さを指摘せずにはいられない。フリーであれほどの演技が出来るのに何故「SP」で出来ないのか、理解に苦しむ。オリンピックでは緊張するのは当たり前のことであり、現に羽生選手も前の晩は一睡も出来なかったと述べている。体調だって万全なんてありえない。逆境を跳ね返す精神力が欠如していると思う。4年後『平昌』で本当の強さと優美さを証明して欲しい。
カーリングは監督の判断ミスである。インフルエンザから復帰した選手を使い、これまでのチームの流れを壊してしまった。人事の鉄則は、上手くいっているところは変えてはならないのである。最低銅メダルは取れたと思う。選手に謝って欲しい。
5輪の輪が4輪で始まった『冬季ソチオリンピック』だったが、昨夜閉会式が執り行われた。2020年には東京で第32回夏季オリンピックが開催される。それまでは生き長らえて見に行こうと企んでいる。

町家・志賀先生・THE家

2月11日の講座は志賀先生の『町家に学ぶ~時の積み重ねと人の知恵~』である。
私も心待ちにしていた講座の一つだった。
志賀先生との出会いは、先生が兵庫県立大の教授の時、大学の卒業生の紹介だった。当時私は《住まいを考える会》というグループの垣根を超えた研究会を作り、月に一度くらい勉強会を開催していた。研究テーマも一段落したので、私はかねてより抱いていた構想に取りかかることにした。
その構想とは、斬新でなおかつ住み心地の良い住まいを創りたかったのである。私の頭の中には出来ていたのであるが、それを実際の形に表す術が不足していた。社員の中の一人に「君の大学で私が思っているような住まいを実現するのに相応しい先生はいないか?」と尋ねたところ、志賀先生の名前が挙がった。10数年前の事である。
私は、研究会も会議もそうであるが、絶対私からは結論は出さない。メンバーに考えさせ答えを導くようにする。結論までには多少時間は要するが、実現化が全く違う。自分たちが出した結論は、思い入れもあり、自ら実現化に向けて真剣度が強く成功する確率が高くなる。
約2年の年月を要し出来上がったのが《THE家》である。
7年間ほどモデルハウスとして活躍したが2年前に買い取った。そのTHE家は今現在、茶室『波裡庵』を併設し、《志澤塾》として生まれ変わり、私を含めた塾生たちの学びの館になっている。
先生は、パワーポイントを使いながら、町家の4つの定義、すなわち①ゼロセットバック(敷地いっぱい使う)②環境自成(中庭・坪庭・パティオ)③沿道型④アーバンユニットとして都市組織を構成する、を挙げられた。日本では平安時代から存在し、ヨーロッパにおいては至る所に見ることが出来、特にイタリアのボローニャは町そのものが「町家」である、と話された。
最後にまとめとして、「変えることの出来るものは勇気を持って変え、変えられないものは冷静に受け入れ、識別する知恵を人間は持たねばならない」。そして芭蕉の『不易流行』という言葉を我々にに贈られ、2時間の講義は瞬く間に終了した。
久しぶりにお会いしても、謙虚で聡明なお人柄は変わらず、志澤塾に春風のような爽やかさを残していただいた。

睡眠不足

最近、睡眠不足気味である。
今までなら10時30分頃には眠っていたが、この1ヶ月、12時近くになることもしばしばある。
その理由の一つが、今年の元旦に立てた目標、つまり年間100冊の読書。そのためである。
昨年までは、9時過ぎに自室に入り、見たいテレビ(ほとんどない)があれば見、そうでなければ本を読んでいた。
目標とは、達成するためにある、と思っているのでベッドの上が書斎になる。ジャンルは問わない。例えば佐伯泰英の時代小説から、古事記、日本書紀、中国経済、百田尚樹まで、本当に乱読である。年間100冊となると、月当たり10冊が目安になる。1月は10冊読破した。2月も昨日で4冊目を終えた。
今日も10冊程本を購入した。その中の1冊、『近山金次氏』が訳した《ガリア戦記》は、読みたくてうずうずしている。
睡眠不足の二つ目の理由はソチオリンピックである。
睡眠中1~2回くらいトイレで目が覚める。いつもならまた眠るのであるが、ついついテレビのスイッチを押し、20~30分見てしまうのである。
上村愛子は《メダル》だろう!
高梨沙羅ちゃんは見ていられなかった。私も含め日本国民の期待を17歳の背中に背負わせてしまった。ゴメンネ、もらい泣きをしてしまった。
今夜からは本は読むが、ソチは見ない。

娘住む ウィーンの天気 雪模様

長女が日本を離れてかれこれ十数年が経過した。最初はドイツの学校に入学しドイツ語を学んだ後、ウィーンにある音楽大学へと進んだ。岡山の音楽大学を卒業し、大学院、専門課程を終え、少しは音楽活動をしていたが、本格的に音楽を学び直したいと言って、二十六歳位の時に日本をあとにした。
彼女は全てにおいて自分自身で調べ、その進路についても決断をした。私たち夫婦は音楽の世界は全くの無知であったため、適切なアドバイスをすることが出来ず、その負担は彼女にかかった。
「お父さん、どう思う?」と時々は相談をしてくれたが、その時はもう自分で決めており、確認のようなものであった。
彼女と音楽との出会いは、小学四年生の頃と記憶しているが、少女オペラの主役に選ばれたのがきっかけであった。そこから彼女の挑戦が始まり、四十歳を過ぎた今も続いているのである。オペラ歌手としての自立はさすがに諦めたようだが、ウィーンにいる日本人の子供たちに、歌を通じて情操教育を行ったり、オーストリア人の子供たちには歌と日本語を教えている。また時には仲間たちとミニコンサートを催し、日本歌曲を紹介するとオーストリア人には大変喜ばれるとのことである。一年ほど前、一緒に住んでいる彼に日本の《尺八》を送って欲しいと依頼があり、面倒な梱包の上送ったのであるが、その尺八演奏に合わせて自分はピアノを弾きながら歌うと大好評だったそうである。
日本には二年に一度位の割合で帰ってくる。
四年前に帰国した時、ギャラリー《ルネッサンススクエア》でコンサートを開いたのであるが、私も歌劇の中で父親役として出演した。
家内は三回ウィーンを訪れているが、私は一度も行ったことがなかったので、パナホーム兵庫の社長を辞した年にイタリアへ行った。その時ローマで彼女と落ち合い、一緒に二週間程イタリア各地(旅行記執筆中)を周ってからウィーンに行き、家内が人生で二番目に感動したと言うシェーンブルン宮殿を訪れたり、ザルツブルクへモーツァルトに会いに行った。彼女は日本で暮らす気はなさそうである。寂しくないと言えば嘘になるが、最近は様々な通信機器が発達し、会おうと思えばいつでも可能である。
今夜あたり《スカイプ》でふくよかな彼女とデートしてみようかな…

我が愛しの君へ

立春も過ぎ、暦の上では春ですが、こちらはまだまだ寒い日が続いております。
あなたが逝ってから早いもので49日が経過しようとしています。7日毎に私とお母さんは読経をしていますが、それももう1回で終わりです。だんだんあなたが遠くなっていくようで少し寂しい気になっています。
炬燵の中に投げ出した私の足を枕に、あなたが眠っているような気配を感じて覗いたことも何度かありました。お葬式を終えてすぐにキャッツタワーは取っ払いましたが、それに寝そべって名前を呼んでも振り向こうとしなかったあなたを思い出します。それでも名前を呼び続けると、うざったそうに薄目を開け、私があなたの名前を呼ぶテンポに合わせ尻尾を振ってくれましたね。『クロちゃん』と短く呼ぶと、長いツヤの良い綺麗な尻尾を素早く振り、『ク~ロちゃん』と長めに呼ぶとゆっくり振り、それに飽きてくると大きく伸びをしてトントンと小気味よくタワーから降りてきて、気が向けば私の膝の上に丸くなって座り、気が向かなければ2階に上がっていきました。
ガレージに車を入れるやいなや、居間のドアの内で私が入ってくるのを待っており、いわゆる猫なで声で《にあ~お、まあ~お》と纏わりつき『イリコ』をねだりましたね。ネクタイを緩めるまもなく『イリコ』をあげると、満足そうに平らげ、また元の居場所に帰っていきました。
箱入り娘として一歩も外に出さないように育てていましたが、私たちの一瞬の隙を突いて、あなたは3回家出をしました。その度ごとに私たちは懐中電気をかざし、半泣きになりながら夜中まで探し続けました。1回は裏の雑草の中に、もう1回は隣の倉庫の床下に、残りの1回は未だに謎ですが2階から何食わぬ顔をして降りてきました。私たち夫婦は代わる代わる抱きしめました。
隣家から迷いネコを貰い受けたのですが、私たちは勿論あなたも香山家の家族としてこの9年間を暮らしてきました。決して長い時間ではありませんでしたが、中身の濃い時を過ごしたと思っています。
我が最愛の君へ。
あなたは私が生き続ける間、私の心から消えることはないでしょう。
時々は逢いに来てね、夢の中でも、現の中でもいいですから。
ひとまずはお別れです。さようなら、元気でね、私がそちらに行っても無視しないでね。
私の携帯の待ち受け画面はまだあなたのままです…

魔法?のストーブ

今山崎の喫茶店《サボイ》でのもっぱらの話題は、O君が購入し、事務所に設置したイタリア製高級ストーブについてである。
宍粟市の間伐材をチップにした《ペレット》を燃焼させて暖を取る仕組みになっている。まずスコップでペレットをすくい、ストーブの上部にある燃料タンクのような箇所に入れる。それからスイッチを3秒くらい押すとペレットが燃えるようになっている。
購入した当時は燃えなくて煙ばかり出て、マスクなしにはその部屋で仕事も出来なかったそうである。販売業者や輸入元が再三、メンテナンスにやって来て、やっと点火するようになった。しかし暖かくはならない。手をかざしてみても、吹き出し口がやや温かいだけで、ストーブの用は全くなしていない。匂いも若干ある。
利点を探すならば、イタリア製だけあっておしゃれである。重さは90kgある。故に高額である(40万)。
返品したいが、O君の優しい?性格が邪魔をして言い出せない。
後、1ヶ月辛抱すれば暖かくなり、ストーブが不要になる。それまでの辛抱らしい。
人間辛抱が肝心である。

世紀の大発見

世紀の大発見。
それはあのうら若き小保方晴子さんがリーダーとなって発見したSTAP細胞である。
山中教授が発見したIPS細胞とES細胞を合わせて、万能細胞と呼称するそうである。
私は詳細が理解できないので、齋藤先生にメールでお尋ねしたところ、すぐさま電話がかかってきた。
「香山さん!メールでは伝えきれないので電話しました。」
先生によると画期的な発見だそうで、オレンジジュースを作るがごとく《簡単で大量に短期間で》作れ、しかも副作用はほとんどなく、実用化も早いとの事だった。彼女の発想が素晴らしく、逆転の発想、例えば人間は海水の中では生きられないが、生きるためどうするかと考え、そのことにより鱗や鰓が出来て生活が可能になる。それほどとてつもない発想だそうである。ノーベル賞は確実との事だった。
今年の年末にはストックホルムの晩餐会場で彼女の姿が映像に映し出されることであろう。
やっぱり割烹着姿かな?