波裡庵閑話 俳句と手を切った日

昨年11月に志澤塾の講座で句会を催した。小生ブログ「俳人土方公二」の項を読んで頂ければ、そのときの様子を少し感じてもらえると思う。さらにその1年前の12月、高校時代の友人5人、京都の大原の里に集まり句会を楽しんだ。(小生ブログ「京の夜話」参照)
ここで告白すると実は私は既に何年か前に俳句と決別していた。
 故郷の 山もまどろむ 春霞
この句が俳句を諦める原因になった句である。私はこの句をあちらこちらで自慢たらたら吹聴しまわった。
先ずこの句は俳句ではない。俳句における決定的な禁じ手を二つも冒しているのである。一つは、説明をしている。二つ目は季語が重なっている。情景や思いは見る人が感じることであり、読者に任せるものなので、製作者が訴えるものではないのである。『まどろむ』と『春霞』はどちらも『春』の季語であり、並べることで句全体を曖昧なものにしてしまっている。と、指摘を受けた。
その時私は冷静を装っていたが、心の中は恥ずかしさで張り裂けんばかりだった。己の無知さ加減に愕然として俳句と別れる決心をした。川柳まがいで作っていた句『カレー喰う 男二人で 熱い夏』を批評者に見せると、この句のほうが良いと言うのである。《カレー喰う》が実に面白くリズムがある。但し《熱い夏》は《大暑かな》にしたら立派な俳句になる、と論評してくれた。
彼は所属する井上弘美女史が主宰する「汀俳句会」の月刊誌《汀》の編集長を任されているのであるが、律儀に毎月送付してくれる。その中から最新の彼の作品を紹介する。
 豆餅の 臼洗いけり 花の内
 朝影に 冷え及びたる 餅筵
 涸滝に 涸れ残りたる こだまかな

誰でも知っている有名な句だが、私の好きな句を挙げてみる。
 静かさや 岩に染み入る せみの声
 菜の花や 月は東に 陽は西に
 柿くえば 鐘が鳴るなり 法隆寺
一方、私はと言えば、手を切ったとか、諦めたとか言いながらも、未練がましくまだ駄俳句にしがみついている。推敲に推敲を重ねた挙句、
 鱧を喰う 若き女の 箸捌き
そして本日散歩の途中に一句ひねった。
 白鷺や 三左衛門川 水温む
どうしようもなく諦めの悪い私だ。

第一回志澤塾ゴルフコンペ

去る4月18日に記念すべき《志澤塾第一回ゴルフコンペ》を、JOYXゴルフ倶楽部上月コースで開催した。志澤塾の理事であり、ゴルフ場のオーナーでもある髙橋氏の好意で、塾生と講師の総勢18人が参加し、初夏のような爽やかな天候にも恵まれ、和気藹々の中楽しくプレーをすることが出来た。
昨年の11月に忘年会を催したときに、塾生の中から是非ゴルフコンペを、という要望があり今回の運びとなった。
さすが元ゴルフ研修生で、一時期プロを目指したことのあるF君は《76》という素晴らしいスコアで、ベストグロスに輝いた。一方F君のワンラウンドのスコアをハーフでたたき出したK君もいたが、それぞれに楽しんだようであった。
私は肘の痛みもあり(多少言い訳)スコア的には散々だったが、ダブルペリア方式が幸いして優勝をしてしまった。帰宅して家内に、「あなたが優勝してどうするん?」と言われてしまった。一年に一度執り行おうと計画している。
来年は優勝しません。

熱血弁護士三浦栄一郎

3年目を迎えた志澤塾の最初の講義は、先月に引き続いて三浦弁護士である。
氏の希望もあり3回シリーズでお願いをした。
氏は志澤塾に強い関心を持って頂いており、塾の方針やコンセプトについて深い理解を示し、頼もしい良き協力者の一人である。
「心をひらくほめグセの魔法」(西村貴好著)という本を塾生にプレゼントして頂いた。その本の内容を引用しながら、自らの経験と思考を織り交ぜ、わかりやすく塾生に語っていただいた。
ほめることにより人間関係が良くなり、コミュニケーションが円滑にはかられ、それが業績に繋がっていく。
私が知らない間に塾生とコンタクトを取り、2名の塾生が先生からの依頼を受け、事例発表をしてくれた。最後に全員に今年度の目標を書かせ、順に発表した。講義だけではなく、参加型の講座もより深まった、と感じた。
「先生、本の代金をお支払します」と言うと
「先月頂いたお車代がありますから」とおっしゃる。
金銭と云うものに全く関心が無い。まるで霞を喰って生きているようである。

やってみせ 言って聞かせて させてみて
ほめてやらねば 人は動かじ
私は、山本五十六の言葉を思い出した。
なんとも爽やかな講座だった。

お写経のススメ

お写経と言えば、最もポピュラーなのが《般若心経》である。日本の仏教において、浄土真宗、日蓮宗、法華宗以外の宗派は殆ど般若心経を唱える。正式には「摩訶般若波羅蜜多心経」と言い、大般若波羅蜜多経と云う膨大な経典の真髄を、266文字に凝縮し纏め上げたのが般若心経である。三国志で有名な玄奘三蔵が翻訳し、それが遣唐使の手によって日本に伝わったとされている。
私は平成24年3月5日に、当初(平成14年)目標としていた1000枚のお写経を書き終えることが出来た。年間200枚のお写経をすると計画を立て、5年で1000枚と言う計算だったが、大幅に遅れて倍近い時間を要した。1000と云う数字に拘った訳は、仏教の世界では1000が一つの区切りだと感じたからである。例えば比叡山で執り行われている『千日回峰修行』のように。最初の頃、願い事は『大願成就』だったが、それが『心願成就』となり、後半部分は『世界平和』と記すようになった。また時々の社会情勢やニュースに接した時は、状況に応じて願い事は変えていった。その中でも、平成23年3月の東日本大震災が勃発したときは、震災による被害者の人々のために《一日も早い復興》を心から願って、気合を入れて書き上げたことを記憶している。
般若心経の教えは、①とらわれない心②拘らない心③偏らない心である。人間は、とらわれたり、拘ったり、偏ったりしながら生きているのだが、それらが無くなると心豊かに過ごすことが出来る。その心境を《空》とか《無》と言う。出来るだけ早くその境地に入りたいと願っているが、まだまだ未熟な毎日を送っている。ただ、他人の評価は全く気にならなくなったことは確かである。私はその時その時を精一杯生きるように心がけている。人生には、『過去』も『未来』もないのである。存在するのは《その一瞬》しかないと思っている。
私塾『志澤塾』も3年目となった。K氏のネットワークで、法相宗大本山薬師寺の執事長である《加藤朝胤氏》にこの6月に來塾して頂き、『お写経のすすめ(入門般若心経)』と題して、講演頂くことになっている。大変楽しみな講座である。
世界は益々混迷をきたしている。もう一度《世界平和》を祈りながら、お写経を始めてみる気持ちになっている今日この頃である。

散る桜 残る桜も 散る桜

《散る桜 残る桜も 散る桜》
この俳句は良寛禅師の辞世の句である。1831年、73歳で生涯を終えるまで、放浪の旅を続けた。
大庄屋の長男として生まれたが、突如18歳のとき家を捨て出家する。曹洞宗光照寺で12年間厳しい修行の末、全国を流浪する。
れっきとした曹洞宗の僧でありながら、宗派や僧籍に拘らず、自由人として生きつづけた。子供の純真な心の中にこそ、誠の仏の心があると説き、好んで子供達とかくれんぼをしたり鞠をついて、遊びに興じた。

昨日久しぶりに三左衛門堀川沿いの遊歩道を、霧雨の中散歩した。両岸の桜並木は散り始めで、歩道はピンク色の絨毯で埋め尽くされていた。おそらく6年ぶりに全面改装された姫路城の桜も散り始めているであろう。
いずれ全ての桜の花も散ってしまう。その華やかで気品溢れる、日本の桜に出会うのは1年を待たねばならない。来年も愛でたいものである

2015年入社式


今年は19人の新人が我がグループの仲間入りをした。
入社式は毎年のことながら姫路文化センターで、全社員を集めて執り行う。
目的は二つある。
一つは勿論新入社員を心から全社員で歓迎する儀式で、今ひとつは新年に私が掲げたグループ戦略について再び語り、より徹底させるのも大きな目的である。
私はひとつの事を行うとき、二つの目的を同時に進行するのである。
式典では恒例になっている、司馬遼太郎が我々に残したメッセージ即ち『21世紀に生きる君たちへ』を朗読する。新入社員はもとより、全従業員に、そして私自身にも送るメッセージである。私はこの『21世紀に生きる君たちへ』が大好きなのである。
今年の初出に私は、《価値創造型企業》に変革しないと健全な形で生き残れないと説いた。その数値目標は、経常利益率5%を示した。
今回は組織形態としては、《営業マン》がいない組織を造り上げるべきと、熱く語った。
そのためには《脱皮》がキーワードであり、これから各社で行われるであろう「方針発表会」でそれを具体的な形で表して欲しいと力説した。
最後に新入社員と各社役員全員で記念撮影をして、AM11時過ぎに終了した。
これで総勢332人。
少なくとも私の生ある間は、健全で明るい企業グループでありたいものである。