歴史シリーズ~市川房枝~

市川房枝女史を知る年代は少なくなったと思う。私が彼女を知ったのは、中央大学に在学中のことである。彼女が87歳で亡くなるまでの33年間の一時期を、同じ空気を吸いながら生きたことになる。
女史は愛知県で生まれ、師範学校を卒業後新聞記者となり、平塚らいちょうらと共に、日本で最初に婦人協会を設立し、婦人の参政権獲得活動を展開する。これは私の推測だが、NHKの朝ドラの主人公のモデルにもなった『広岡浅子』とも接触があり、少なからず影響を受けたものと思われる。1919年から続けた婦人参政権獲得運動は、戦後ようやく実り、1945年12月に実現するのである。その後は、売春禁止や再軍備反対運動に尽力し、社会派運動家として万人の知るところとなる。
1953年、第3回参議院通常選挙に東京地区から立候補し当選を果たす。その後全国区に変わってから、合わせて通算5期25年間参議院を勤めた。87歳で全国区に立候補し、見事トップ当選を果たした。が、同年心筋梗塞のためその生涯を閉じた。
彼女の選挙スタイルは、組織に頼らず個人の支援者が自らの手弁当で行う、お金のかからない、しがらみのない、きれいな選挙スタイルを生涯通した。いかなる政党にも属さず、無所属議員の集合体である「二院クラブ」として政治活動を行った。後に有名になった《青島幸男氏》や《横山ノック氏》らもその二院クラブの会員として活躍した。元総理の《菅直人氏》も女史の秘書として政治家への道をスタートした人物である。
沖縄返還密約問題に対しても、社会党の党首や後の社民党党首を歴任し、衆議院議長も務めた《土井たか子女史》らと共に、時の自民党総裁であった《佐藤栄作氏》と激しく議論を交わした。また国際連合にも日本人女性を送り出したいと考え、当時国際基督大学で教鞭を取っていた《緒方貞子氏》を説得し了承を得、それを契機に緒方氏は広く国際社会で活動を行い、国連難民高等弁務官として世界平和のために尽くした。
市川女史が亡くなり35年が経過しようとしているが、相変わらず政治家の不正は改まる要素は伺えない。原因の一つは選挙にお金がかかり過ぎることであり、今一つは切れないしがらみにある。
蓮舫女史か小池知事に期待するのは、少々酷であろうか? 

年頭所感

今年の正月三が日は例年になく暖かかった。
元旦は午後に長男夫婦が孫を連れてやってきた。
二日はホームコースのゴルフ場の初夢杯に参加し、三日は子供たちとゴルフで過ごした。四日は翌日の初出式でのスピーチを練った。
五日は、グループ全社員と下職役員、今年入社予定の社員、総勢350人ほどが一堂に会して山崎文化会館において、一年間の安全祈願祭を執り行い、引き続き初出式を挙行した。その席上で私は『現場力』を磨くこと、人間関係を縦から横に目線を変える事を力説し、サークル活動を強く推奨した。
六日はパナソニックの初荷の挨拶を受け、午後からは廣峰神社にパナホームグループの初詣に参列した。

七日はグループ全企業を対象にした《初釜》を催した。

八日はゴルフ(研修会)に出席し、九日は締め切りが来ているPHPの原稿を仕上げた。

十日。今年最初の塾。坂東呂扇さんによる、日本舞踊を楽しんだ。今回はおめでたい席でもあり、最初に『鶴亀』を舞っていただき、その後は塾生たちと一緒に『黒田節』を踊り、初春を身体と心でお祝いをした。
さて2017年はどんな一年になるのであろうか?

1月20日の第45代アメリカ大統領《トランプ氏》の所信表明が大きく影響を与えることは必至である。地球から戦争はなくなりそうもない。今もどこかで飢えと病気によって世界の子供達が命を落としている。
日本は急速に高齢化と少子化が進んでゆく。価値観は《もの》から《こと》へと大きく変化し、混沌としてゆくことは間違いない。しかしその中で私たちはしっかり心の目を開き、少し先を見据えつつ、無理せず一歩ずつ前に進んでいかねばならない。
残された私の人生を、三分の一は自分のために、三分の一は家族のために、残りの三分の一はそれ以外の人のために、尽くすことを決意した2017年の年頭である。