今やスマホの時代?

8月の末にスマホに変えた。大げさに言えば今年の目標の一つでもあった。本当は自分の誕生日記念にスマホにするつもりだったが、事務員のI女史に
「パリから帰国してからにしてください。向こうで困られますよ」
と言う優しい忠告に従って、先月30日に地元のAUショップに飛び込んだ。このブログに時々登場する友人のO氏と同じ機種にした。かれは3ヶ月ほど前から使用していたのを、側から見ていて使い易そうだったのが決め手になった。シニア(年寄り)向けに文字も大きく、画面自体もワイドで明るい。
全国的にはスマホの使用率は40%にもまだ満たないそうで、60%以上がいわゆる《ガラケー(なぜガラケーと呼ばれているのかは知らない)》だそうである。
最初3日間程AUショップに通った。大体の使い方しか説明を受けていなかったので、いざ使うとなるとどのようにすればいいのか全く見当がつかず、店員の女性にいろいろと教えてもらった。私は『取り扱い説明書』が太の苦手なのである。おかげで、電話・メール・インターネット&ラインしかもラインを使用して電話も出来るようになった。しかし、操作する指のタッチの感覚を全く掴んでおらず、文字を打つときに、私の意志とは懸け離れたとんでもない文字が現れ、何回も打ち直しをしなければならない現実である。この間、悪友に誘われて久しぶりにクラブに行った時隣に座った若い女性が、私のスマホを目にも留まらぬ早業で扱う様を見て、つくづく年齢を感じ愕然とした。
今やスマホの時代である。が、特にしなくても良い時代でもある。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。