オー・シャンゼリーゼ ~憧れのパリ~ 弐

二日目の午前中は、ベルサイユ宮殿を訪れるツアーを日本から予め申し込んでいた。待ち合わせの場所はラファイエットデパート前、AM7:50である。滞在ホテルからの道順と所要時間を確認する為、前日ホテルのフロントの女性に尋ね、昨夜食事前にリハーサルを行っていたので迷わず到着することが出来た。いくつかのグループに分かれていたが、全て日本人ガイドのため、自分の所属するグループはすぐに分かった。そのガイドにも「香山さん!二人ではないのですか?」と、問われた。どうやら私はウィーンに住む娘と旅をするプランになっているみたいである。
ベルサイユ宮殿は、1682年にルイ14世によってフランス王国の全ての中枢が移され、1789年バスティーユ牢獄の襲撃から端を発した市民によるフランス革命の勃発までの間、100年余り栄華を極めた。宮殿を取り囲むように創られた庭園は、果てしない無限を指し示すような感動を我々に与える。ガイドの案内がイヤホンから心地よく伝わってくる。数々の巨大な壁画やフレスコ画に加え、精密で気品溢れる彫像が迎えてくれる。圧巻は鏡の間である。デジカメのスイッチを押す。ガイドに自身の写真を撮ってもらう。
見学時刻が早かったため、それほどの混雑もなく比較的ゆっくり見ることが出来た。見終えたのはAM11:00過ぎであった。その頃になると入場門の前に広がる巨大広場は、人でごった返していた。12時前に朝の集合場所に到着した。徒歩でホテルにいったん帰り、ホテルのレストランで昼食を取る。朝食も同じレストランでバイキングスタイルだった。イタリアの朝食バイキングとは比較にならないほど、種類も品揃いも多く、特に白いご飯はありがたかった。メニューを見ても分からないので、日本人カップルが食べていたエスカルゴをオーダーした。少々食べにくかったが、まあまあ美味しくいただいた。午後は2時にガイドがホテルまで迎えに来ることになっている。いったん自室に戻りシャワーを浴び仮眠を取った。
ロビーで待っていると、私と同年輩くらいの女性(もっと若かったらごめんなさい)、名前は吉田さんと言う、が私に「香山さんですか?」と話しかけてきた。「はいそうです!」と答えると「お一人ですか?AZUSAさんは?」とこちらへ来てから会う人全てに同じ質問をされる。「一人です。」と言い毎回そう言われることを伝えて、日本の旅行社に昨夜連絡したが、現地の旅行社にも一度調べて欲しいと、お願いをした。
これからシャルトル大聖堂へ行くのだそうだ。パリ市内からは80キロ程離れている。チャーターしたベンツのハイヤーは快適な乗り心地で、ハイウェイを進んでいく。パリから15分も走るとすぐに郊外で、なだらかな緑の山々が連なっている。ガイドの話も大変興味深く、私の乏しい知識でいろいろ振ってみたが、即座に間違っていない答えが返ってくる。シャルトル大聖堂は、フランス国内における最も美しいゴシック建築の一つで、世界遺産にも登録されており、とりわけステンドグラスの輝きは厳かで、他に類を見ない審美である。ドームの高さもノートルダム大聖堂よりも高く、窓々に散りばめられたステンドグラスを通して差し込む光は、昼間でも幻想的である。
ホテルに帰る途中にガイドの吉田女史に、今夜の食事の相談をすると、予約をしてくれて、その店の場所も詳しく教えてもらった。7時過ぎにそのお店に行き、名前を言うとボーイに案内され席に着いた。飲み物を聞かれたので水と答えると、次にメニューをかざしてオーダーを聞かれた。どうやら前菜は何にするか?スープは?サラダは?メインは魚か肉か?などと尋ねているようだ。私は、適当にメニューに書いてある文字を指でなぞって「This one、This one」と答えていった。前菜はどんな食べ物なのかよく分からなかったが、スープはトマトスープで、サラダは野菜サラダで思ったより量は少なかった。メインは魚で鱸のから揚げだった。デザートはアイスクリームを食べた。〆て42ユーロ。こうして二日目の夜は過ぎていった。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。