新加坡

夏休みを利用してシンガポールを訪れた。
正式には《シンガポール共和国》と言い、北緯1度17分、東経103度51分に位置する。いわゆる赤道直下である。気温は一年を通じて30度前後であり、雨季は11月から3月まで位だが、明確な時季の区別はない。シンガポール島を中心に大小の島群で構成されており、元は英国領であったが、一時期戦争中は日本軍が占領した。最終的にはマレーシアから独立し、51年目を迎えるという新興国である。
現在、外国為替市場(世界3位)、金融市場(世界2位)一人当たり国民所得(世界3位)シンガポール国債格付け(世界3位)であり、世界で最もビジネスに適した国と言われている。
税金は安く、例えば年収1億で日本なら税金は5500万だが、シンガポールでは1500万である。
国土は東京23区とほぼ同じ面積で、600万人近い人間が住んでおり、その内訳は、華人74%、マレー系13%、インド系9%その他と人口分布はなっている。国土の割には人口(人口密度世界2位)が多いため、建造物は高層になり、50階建ての建物が林立している。
宗教は、仏教が33%、キリスト教18%、イスラム教15%、道教11%、ヒンズー教5%、無宗教が17%である。政治は、人民行動党の一党独裁的要素が強いが、、社会が安定し収入も高い(貧富の差はあるが)ので、国民の不満までには至っていない。経済は超一流。政治は三流。そのアンバランスをいかにスムーズに解消していくのかが、この国の最大の課題である。死刑制度を取り入れていて、特に麻薬に関してはことのほか厳しく、即死刑である。日本の芸能界なら何人の人が死刑に処せられたことであろうか。
家庭面においては共働きが通例であるため、自炊をする習慣がなく、外食文化が根付いている。何年か前にイギリスを訪れたが、イギリスの台所も汚れはなく綺麗だとガイドから聞いた覚えがある。シンガポールの国土はフラットで山が殆どなく、水不足で困窮している。それゆえマレーシアから水の供給を受けているのだが、根本的に友好的でないため、価格面や供給面でいざこざが絶えない現況である。
シンガポールチャンギ国際空港には驚かされるばかりである。一大タウンであり、世界一の空港で関空の5倍はある。帰国のときなどは迷子になってしまった。
私は、一日は市内観光に費やし、ゴルフを楽しんだり(セントーサゴルフ倶楽部)、ガイドに案内をしてもらい夜のシンガポールも探検した。カジノは結局勝てなかったが、久しぶりにブラックジャックを堪能した。(少しルールが変わっていたのでそれに慣れるまで戸惑ったが)
何処を訪ねても活気に溢れた街全体の様子に圧倒され続けた、今回の旅であった。果たして日本は再生するのであろうか?という気持ちのまま、8月18日に帰国した。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。