鈴木紀子女史

今回で4回目の講座である。毎年この時期にお願いをしている。
鈴木女史とはかれこれ30年以上の付き合いである。
そもそもの出会いは、水口先生が当時開かれていた《潜在意識》の講座に主席したことがきっかけで知り合い、そのご縁で今日まで継続している。
水口先生の講座では、薄暗い部屋の中でひたすら寝転んで、腹式呼吸を繰り返しながら、目に見えないパワーを宇宙から頂くのである。
『名刺で割り箸を切る』『スプーン曲げ』『催眠術』etc
今にして思えば奇妙な訓練だった。
でも現在は科学として認識されており、私の経営実践に大いに役立っている。
さて今回のテーマは「職場の報・連・相」である。
言い尽くされた言葉であるが、実践するとなると、これがなかなかどうしてほとんど出来ていないのが現状である。前回の「ビジネスマナー」の振り返りをしながら、対話形式での講座は大変有意義な3時間であった。
私の持論であるが、業績は外部環境と内部環境に左右されるが、重要なのは外部環境よりむしろ内部環境であると思っている。
内部環境で大切なのは《コミュニケーション》である。報・連・相が行き届いていると、明るくて活気ののある職場になり、業績の向上に繋がってゆく。
一年に一度お会いするのであるが、この度も年齢を感じさせない鈴木女史だった。
車で駅までお送りする車中で
~香山さんはいいわね!いつも楽しく自分の好きなように生きて~
と言われた。そのままそっくりお返しします、鈴木さん!
ではまた一年後。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。