本日、2017年8月29日、再び北朝鮮がミサイルを発射した。
発射されたミサイルは北海道の上空を通過し太平洋に着弾した。
米朝は一触即発の状況である。

ある日の朝のサミットでの戯言。
私「本当にいつ米朝間で戦争が勃発しても不思議でない状態だなあ」
H氏「戦争になっても仕方ない、1週間で片が付く」
私「そんなことを言っても昨年閣議決定された平和安全法とそれに関する国際平和支援法に基づいて、日本も韓国とアメリカと一緒に戦争に加わることになる」
I氏「それは当たり前、安保もあるし」
私「アメリカに膨大な防衛費も支払っているし、基本的には米朝間の問題だから」
H氏「日本がアメリカ並みの軍事力を整備するには、今の予算の何百倍必要になる」
私「我が国は憲法で戦争を放棄しているのだから軍備などしなくていいのでは」
I氏「今の日本人は平和ボケしている。軍事力は必要である」
私「あなた方の子供や孫が危険に晒されてもいいのか」
H氏「そんなことにはならない、そのために自衛隊があるのだから」
I氏「もしHが誰かにからまれて暴力を奮われたら私はHを助ける、それと同じである。アメリカとの関係は」
私「アメリカ人も朝鮮人もイスラム人も黒人もそして日本人も命の尊さは同じである」

百日紅が夏の終わりを告げ、秋を迎えている。
米朝戦争が勃発すれば、自然界の移ろいを愛でることもなくなり、孫から笑顔も消えることになる。
核爆弾の唯一の被爆国としてあらゆる手段を尽くして戦争だけは回避すべきである。
それが日本人の務めである。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。