平成最後の野球総括

日本シリーズが終わり、今年のプロ野球も終焉である。終わってしまえばソフトバンクの圧勝だった。今年の日本シリーズ程熱心にテレビ観戦したことはなかった。1、2戦を見る限りでは広島に相当期待したが、3戦目以降は広島に付け入る隙を与えなかった。ソフトバンクだけの強さが目立ったシリーズだった。走・攻・守どれをとっても僅かではあるがソフトバンクの方が一枚上だった。特に目を見張ったのが《甲斐》捕手。見事と言うしかなかった。広島の足を完全に封じ込めた。それでも果敢にサインを出し続けた緒方監督も称賛に値する。それにしてもこの二つのチームは素晴らしいチームだった。本当にいいチームである。浅学な私が見ても、両監督の采配ミスは見当たらなかった。当分ソフトバンクと広島を中心にプロ野球は展開されていくだろう。
パ・リーグの試合は見ていないので分からないが、セ・リーグに関して言えば、巨人・阪神は全くだらしがなかった。褒めるとすれば、《岡本》という楽しみな選手が現れたぐらいで、更なる来年の活躍を期待し、日本を代表する選手に成長して欲しいと願っている。
来年、セ・リーグは監督が三人交代する。与田氏は未知数だが解説を聞いている内容から判断すると面白いかもしれない。根尾選手も引き当て運も良さそうである。立浪のような選手になってくれることを願っている。
一方巨人は、困った時の原頼み、の感がしないでもない。私は原をそんなに名監督とどうしても思えないのである。無難という表現に留めておく。
さて阪神であるが、この3年間でボロボロな集団にしてしまった《金本監督》の責任は重い。誰一人として来年以降期待できそうな選手を育てていない。ダメにした選手の方が多いのは情けないの一言に尽きる。《藤浪》《中谷》《高山》《鳥谷》…等々
バトンを継ぐ矢野新監督は、最初は同じ路線のようでいよいよ阪神暗黒時代の到来かと思っていたが、その後様々な耳に入ってくる情報から判断すると、来年は無理かもしれないが、その先は大いに期待が持てそうである。先ず読書家であるらしい。聞くところによると『アドラー心理学』に精通しているとの事である。タナ・キク・マル・スズのように少しでも早く打順を固定し、四番打者は外人に頼らず日本人を育てて欲しい。近代野球は釈迦に説法かも知れないが、投手、それも最後のクローザーから組み立てるべきである。センターラインを強化し固定するべきである。
ヤクルトの活躍は誰が予想したであろうか?ほとんどの評論家の順位予想は、5,6位だった。宮本ヘッドコーチの加入は大きいと言わざるを得ない。またDNAのラミレスも大健闘である。
まだまだ日本では野球ファンが多い。そのファンのためにも来年はもっともっとワクワクするようなゲームを我々の前で繰り広げて欲しい。一野球ファンの私からのメッセージである。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。