初釜風景

波裡庵(茶室の名)が主催するお茶会は年間3回行う。5月に野点、11月に炉開き、そして1月の初釜である。野点と炉開きのお客様は私がお招きをするが、初釜はグループ全社員が対象である。今年は1月12日に執り行った。
予め出席人数を把握し、その数だけ「花びら餅を準備する。今年は220個用意した。
           午前10時から始まり、大体午後1時頃には終了する。お茶室に入れるのは6人くらいが限度なので実際のお点前で頂く人数は自然と限られてくる。
私は最初にお点前をし、1回後見についた後は志澤塾内に設置したテーブルでお茶を頂いている社員に「花びら餅」のいわれ・お茶の頂き方・腕時計や装身具は身から取り外すことなどなどを平易に話する。何かの縁でお茶会に出席することがあったときに慌てずお茶を頂けるようにと思っている。
  
  ~花びら餅 湯気の向こうは 笑いあり ~(拙作)
こうして一年が始まりそして過ぎて行く・・・・

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。