あなたによりそって ~with you~

  3月の講座は少々重い講座になった。
神戸新聞を定年で退職された後、多少体調を崩されていたが今は元気になられ、社会福祉法人「はりまいのちの電話」事務局長として、ボランティア活動をされておられる増田氏に3月12日の講義をお願いした。
自死の予防を目的とされる《いのちの電話》は全国組織で展開されており、そのルーツは1953年ロンドンにおいてヴァラー牧師の手によって始められ、今では世界100カ国に存在し、日本では1971年東京に開局された。続いて1978年に神戸で開局され、1988年「はりまいのちの電話」がこの播磨地方に開局された。
「はりまいのちの電話」の電話番号は『079-222-4343』である。毎日365日午後2時から深夜1時まで受け付けている。年間12万件以上の電話があるにもかかわらず、つながる数は1日19件程度で、年間7000件程。その確率は6%しか受け答えが出来ていない現状である。その原因は①一人の平均通話時間が69分、長いのは2時間以上にも及ぶとの事。②相談員の数が登録人数61人、実働44人と圧倒的に少ない事。(相談員は全くのボランティアで無給)③予算が不足している。等が挙げられる。
全国で自殺者の人数はピーク時には3万人を超えていたが、今は減少傾向にある。とは言え2万人を超えており、その数は交通死亡事故者の6倍に当たる。
私は先日少しだけ寄付をさせて頂いた。
~もし、あなたが自殺を考えているなら、取り敢えず『079-222-4343』に電話してください。仮につながらなかったとしても、死ぬことはいつでもできます。せめて明日に延ばしてください。お願いします~

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>