ハナミズキ

今から15年くらい前になると記憶しているが、八幡建設の経営が悪化し、当時妹婿が経営責任者だったが退いてもらい、不本意ながら私が社長に就任し、そのかじ取りを2年ほど行ったことがあった。その時にかなり老朽化した社屋を解体し、八幡住宅産業(現ニューマテリアル兵庫)が使用していた社屋に移り住み、八幡住宅産業本社を今の姫路に移転しニューマテリアル兵庫と社名を変更した経緯がある。
老朽化した社屋の跡地は八幡グループの発祥の地であるので、記念植樹をすることにした。
先ず梅ノ木・桜の木・ハナミズキ・百日紅・紅葉と大小二本ずつ順に植樹した。季節の移り変わりを愛でるという思いと、発祥の地を忘れないためであった。そして私の好きな樹木ばかりを選んだ。
今年は長く桜を鑑賞することが出来た。ふと気が付くと、もうすでにハナミズキが可憐な花を咲かせている。私はハナミズキの花そのものも好きでがあるが、《ハナミズキ》という言葉の響きが美しくて大好きなのである。
平成も残すところあと1週間である。令和の時代までは生きられそうであるが、次の世代には私はいない・・・

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>