24時間テレビに思う

私は31歳の時に、JC所謂青年会議所に入会した。JCの基本3信条は、修練・友情・奉仕である。殆どのメンバーは確かに友情は育んだと思うが、修練を積み重ね、成長していったメンバーは少なかったように思う。特に奉仕の概念に芽生え、卒業後(40歳で卒業)も奉仕活動を個人として継続し続けているものは極限られている。
私は37歳になって初めて地球上に飢えで命を落とす子供たちの数の多さを知り愕然とした。何とかしなければ、と強く思ったのである。と同時に自分自身の無力さをひしひしと感じた。丁度その頃《ハチドリのひとしずく》という南米地方に伝わる民話に出会った。今自分に出来ることをすればいいんだ!まさに覚醒である。肩の力が抜け、目の前の霧が晴れすっきりした。
人生の流れとは不思議なもので、東京での講演会で、当時伊藤忠の会長だった丹羽宇一郎氏と巡り合い国連の下部組織である《WFP(国際連合世界食糧計画機構)の存在を知った。それ以来それまで兵庫県の福祉法人に寄付していた絵画展の収益金をWFPにさせて頂くようになった(個人も微々たる金額であるがこれを機に口座から寄付している)。WFPの日本本部は横浜にあり何度かお邪魔した。WFPは寄付金額の75%が活動費で、25%が管理費である。その他の団体はその逆である。
阪神淡路大震災の時もそうであるが、東日本大震災はテレビでの映像が生々しかったので、我々グループも個人もかなりの額を義援金として寄付をした。しかしながらその義援金の行方は我々には今もって知らされていない。
24時間テレが今年も開催された。昨年で41回を数え、募金総額は381億5千万円に及んでいるとのこと。日本テレビのHPを開いてみると様々に寄付先は記してあるが、細かな明細までは分からない。あちらこちらに募金箱が設置され、よく理解をしていない幼児が自分の貯金箱からお金を募金箱に入れる。年金暮らしのお年寄りも募金に協力する。それをタレントやお笑い芸人たちが、笑顔いっぱいで受取り~ありがとう~と言う。なんと微笑ましい光景ではないか、と誰もが錯覚する。でも私は吐き気がする。タレントたちは、当然ノーギャラだろうな、そして自分自身もいくばくかの募金をしているのだろうな、と勘繰るのは間違っているのだろうか?
今一度皆で考える必要がある。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>