オリンピック雑感

いよいよ東京オリンピックの開催まで1年を切るところまで迫ってきた。あの《おもてなし》が随分昔に思えていたが、もうここまで来たという気分である。その《おもてなし》女史も旬の政治家小泉氏と結婚が決まり、赤ちゃんまで宿しているとの事。おめでたい限りである。
1964年に開催された東京オリンピックの時、私は16歳で高校生だった。自宅にテレビが初めて購入され、白黒の画面で目が痛くなるような画面に噛り付いて観たのを記憶している。大松監督率いる女子バレーが当時のソ連に勝利した瞬間、円谷選手のマラソンでゴール前のデッドヒート、男子体操の華麗なる演技、ヘーシンクに負けた日本柔道等々未だに脳裏に張り付いている。早いものであれから55年が経過しようとしている。
日本で開催されるのであるから是非この目で見たいと思いチケット購入を考えたが、その術もなく期間が過ぎてしまい申し込みすら出来なかった。年配者にとって煩わしいことこの上ない申し込み方法だった。どうしても見たくなったら旅行社に依頼すれば何とかなるのでは?と気楽に考えている。
私はふるさと「宍粟市」を聖火ランナーが通るという情報を知り、聖火ランナーとしてオリンピックに参加したいと思い申し込みを行った。もちろんどうなるか全く分からないが、兵庫県とスポンサー企業である日本生命に参加したい旨を伝えた。確率は100倍を超すと思われるが、当たればきっと楽しいと思い今からワクワクしている。この12月には発表されるはずである。
期待を込めて心待ちしよう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>