金木犀ふたたび

車をガレージに入れドアを開けると、微風と共に金木犀のあの甘酸っぱい香りが車内に漂って来る。私はあの金木犀の甘酸っぱい香りで毎年本格的な秋の訪れを全身で実感する。
   ~今年も秋がやってきた そして私は生きている~
金木犀の香りは、私にとってJC(青年会議所)の香りでもある。
私は人生において、いい意味においても悪い意味においても様々な人々と邂逅した。いろんな書物にも巡り合った。その中でJCとの出会いは掛買いのないものの一つである。
JCは私に、誰かの為に何かをする『幸せ』を教えてくれた。金木犀の香りの中で理事長を仰せつかり、一年後に再び金木犀の香りと一緒に他のメンバーに理事長をバトンタッチをした。あれから30年の月日が経過した。
今日は10月1日である。消費税が8%から10%になった。今朝もいつものように高速道路を利用して志澤塾に来た。700円は720円に、410円は420円にアナウンスされた。
街の所々に立てられた赤や青や黄色のシデが目に付く。播州地方における秋祭りの到来である。そしていつの間にか金木犀の香りは忘れ去られてゆく。
来年も香りを楽しみたいものである。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>