なつぞらとスカーレット

NHKの朝ドラにいわゆるはまりだしたのは、《あまちゃん》からだと記憶している。
能年玲奈が主演で、脇を宮本信子や小泉今日子が固め、東北の漁師町を舞台に、アイドルを目指す物語であった。そのドラマであまちゃんの母役である小泉今日子扮する春子の若いころの役を演じたのが有村架純で、その後大ブレークして今日に至っている。放送が終了した時、あまロスという言葉が流行った。私もその一人だった。片や能年玲奈は理解しがたいスキャンダルに巻き込まれ、一時は引退の危機もささやかれたが、女優名も《のん》と改名し、天性の優れた感性で少しずつ表舞台に現れるようになってきた。《のん》の出身は我々のすぐ近くの田舎町であり、有村架純も兵庫県出身者である。二人共息長く活躍して欲しいと願っている。
今、朝ドラは10月から「スカーレット」が始まっている。9月までは「なつぞら」だった。「なつぞら」はNHK朝ドラ100作記念に当たり、過去において主演した女優がたくさんゲストで出演した。山口智子・松嶋菜々子・小林綾子・田中裕子・比嘉愛未・貫地谷しほり等々である。主演の広瀬すずは若いにも拘らず、しっかりとした演技力で堂々と長丁場を乗り切った。草刈正雄との絡みのシーンでは幾度となく目頭が熱くなった。
スカーレットの主演は戸田恵梨香である。まだ始まって1ヶ月ほどだが、「広瀬すず」と「戸田恵梨香」は全く異質である。「広瀬すず」は確かに演技力はあるが、所詮演技である。一方「戸田恵梨香」は「川原喜美子」そのものである。
スカーレットも一作も欠かさずビデオ録画も挟みながら、最終まで見てしまいそうである。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>