コウヤマクンPayPay始める

散歩の途中ローソンに寄った。目的はPayPayデビューをするためである。それでも巧く使えなかったらに備えて、ポケットには1000円を忍ばせていた。
のど飴一袋・ガム2個・祝儀袋を買い求めレジに向かう。恐る恐る、
「あのーPayPayで支払いたいのですが」と言って、携帯の画面からPayPayを呼び出すと、店員はいとも簡単にバーコードをリーダーでなぞる。623円。完了。
思えばここまでの道程は長かった。初出の挨拶で《PayPay》に挑戦します、と言った手前実行しなければと、最初に携帯を購入したauのお店に相談がてら行くことにした。店員との対応の中でID番号は通知されているがパスワードが分からない。思い当たるパスワードを入力してみたが何れも合致しなかった。店員が「姫路のピオレの2階にAppleの事務所がありますから、そこならパスワードが分かると思います」と言うのでAppleへ出かけたが「うちでは分からない」と言う。どうすればいいのかと問うと、「パスワードを変更するしかない」と言う。「ここに連絡して相談してみてください」と電話番号を渡された。教えられた番号にしてみると、ガイダンスが流れ、その意味が全く理解できない。その電話番号を持ってまた最初のauのお店に行く。店員は丁寧に対応してくれて、新しいパスワードに変更してくれた。
三井住友銀行の口座から引き落としてくれるように依頼したが、どうも私のキャッシュカードが古すぎて支店ナンバーが違っていたらしく、郵貯銀行口座を使用することにした。もうこれで使えると思っていた。郵貯銀行口座には残高があまりないので、すぐさまいくばくかのキャッシュを入金した。PayPayの使えるドラッグストアに行き、「PayPayで」と胸を張って店員に携帯を翳したが《使えない、残高がない》と言うのである。この間入金をしたのにそんなわけがないと思ったが、出来ないというので仕方なく現金で支払った。
私は銀行に残高があれば使えるものとばかり思っていたのである。またauへ出かけ尋ねてみると、銀行口座からPayPay口座にチャージしないと実際には使えないのである。
そして本日を迎えたわけである。
【のど飴一袋・ガム2個・祝儀袋】神棚に祀りたい心境である。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>