世界の指導者達

今世界は新型コロナの中にある。まったく収まる様子はない。責任の転嫁をしている場合ではない。ましてやWHOと言い争っている場合でもない。人間の資質は危機に面した情勢を迎えたときに問われるものである。
《トランプの場合》
私は就任当初からなんて品性の欠片もない人物かと呆れたものである。彼の言動はまるでガキそのものである。とても世界のリーダーとは思えない。今彼の頭の中にあるのはこの11月に行われる大統領選挙でいかに勝利するかどうかである。それも政策とかビジョンでななく強いアメリカを誇示する一点にある。かたや民主党の候補者もあまりに年齢が行き過ぎており魅力を感じない。私にはどうすることもできない。
《習近平の場合》
あの人相を私は信用できない。なにせ隠蔽国家の象徴のような顔つきである。近隣国家との領土トラブルなどどこ吹く風である。平気で国家主席の任期は変更するし、反対者は容赦なく抹殺する。マスコミをはじめ報道規制は当たり前、恐怖政治そのものである。
《プーチンの場合》
20年もの間大統領の座に居座り続け、大国ロシアを自分の思うままに牛耳ってきた。最初の8年くらいはまあ許すとして、その後は超独裁政治である。時として独裁も必要な、例えばカエサルのような天才は別格で、プーチンなど私利私欲の塊である。虫唾が走る。
《金正恩の場合》
いまだに北朝鮮には一人のコロナ感染者はいないと言い切るおめでたい人物である。全く悪ガキそのものである。一日でも早く北朝鮮という国家が消滅することを祈っている。世界の厄介者である。トランプとハワイ辺りで仲良く暮らしたらいかがかなって思うのは私だけ?
《安倍晋三の場合》
彼はやはり頭がよくない。成蹊大学を悪く言う気はないが、学歴コンプレックスが相当あるように伺える。証拠の一つに閣僚メンバーに東大卒が少ない。東大がいいとは言わないが従来と比較して極端に少ない。そして危機に面したときに人間の真価が分かるという、典型的な体たらくである。

五人すべてに共通して言えることは、自己顕示欲が強く、愛も哲学的思想も思いやりもない。国民のことより自分自身や家族のことを一番に考え、優先順位が狂っている。
一体世界はどうなるのか?不安で仕方がない。しかし、歴史を紐解いてみると、やはり人類は賢く様々な危機を乗り越えてきた。人類の優しい情痴と明晰な頭脳に期待し、静かに今は自分ができることをしながら見守っていこうと思う。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>