ささやかな風景パートⅡ

先日、スタート時間の関係で中途半端に早い昼食を取った私は、残りのハーフのラウンドを済ませ、シャワーを浴び帰路に就いたが少々空腹感を覚えた。加古川ゴルフ倶楽部からあの例の鴨池のほとりの名前も知らない看板もないラーメン屋までそう遠くないのではと思い、カーナビで調べてみると5キロほどだった。
「ラーメンお願いします」
「わかりました」と言いながら例の化粧気のない笑顔で水をテーブルに運んできた。お店の壁にはブラックバスの魚拓や釣り人の写真が所狭しと貼ってある。
「この前の池で釣ったものですか?」
「そうですよ」
「あのボートに乗って釣りをするのですか?」
「はい、向こうの平らなボートは足で漕ぎますが、こちらの4艘は手で漕ぎます」
そんな会話をしていると、二人の若者が釣り竿を携えてやってきた。ボートを借りたいらしい。料金は2時間1500円。ちょっと思っていたよりは高額だったのか二人で何やら相談していたが、結局借りることにしたらしい。
ラーメンを食べ終えてから
「この池は小野市のものですか?」
「いいえ地元の部落の用水ため池です。9月いっぱいでボートも終わりです。鴨が渡ってくるので保護のためです」
「ではこのお店も?閉めるのですか?」
「はい。鴨が飛び立つ来年四月から開けますが半年だけです」
私はラーメン代金を払いながら、
「じゃあ、貴女に会えるのは来年4月まで待たないとだめなのですね?」
女性は怪訝そうな笑顔で
「そうなりますね」

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>