大河ドラマ

今年の大河ドラマは「渋沢栄一」の生涯を描いた物語で《青天を衝け》というタイトルで放映が開始されている。出足は好調で、20%を超す視聴率だそうである。渋沢栄一はご存知の通り、新一万円札の人物としてもうすぐ(2024年度から)我々の前にお目見えする。出来るだけお友達になりたいものである。イケメン俳優の吉沢亮が渋沢栄一を演じているが、実際は150センチそこそこの身長だったとのこと。しかし渋沢は日本の資本主義経済の生みの親で、500以上の企業を起こした人物として知られており、今もなお残存する企業群は200を超える。同時代を生きた人物で、三菱財閥を創業した「岩崎弥太郎」と比較されるが、岩崎は利益を一番に追及したが、渋沢は公共性を重んじたと言われている。どちらも明治の時代にはなくてはならない人物だった。
昨年は「明智光秀」を主人公にした《麒麟がくる》だった。『今なぜ明智光秀なのか?』『キャスティングがおかしい』『信長を悪く描きすぎ』等々文句を言いながら最後まで殆ど欠かすことなく視聴した。日本歴史上最大のミステリー《本能寺の変》をどう正当化するのかを、興味を持って見ていたが、納得する結論は得られなかった。これは私見だが、カエサルをブルータス達が暗殺した動機と似ているのでは、つまり<殺したかった>だけなのでは?その後どのように国を治めてゆくか?などと言うビジョンなど全くなかったのではないかと。
今回で大河が始まって60作になる。ちょっと調べてみると、戦国時代をテーマにしたものが最も多く12作・次いで明治維新が9作・赤穂浪士が3作。視聴率が30%を超す作品が7作品あり、中でも1987年<渡辺謙>主演の伊達政宗と、1988年<中井貴一>主演の武田信玄は40%近い視聴率だった。私自身がつまらなかったドラマは、いだてん・西郷どん・直虎・花燃ゆ・八重の桜・平清盛・新選組・武蔵。また録画してまで見たドラマは、真田丸・軍師官兵衛・天地人・篤姫。特に<天地人>は原作を読んでいたし、直江兼続を演じた妻夫木の好演は光るものがあった。
今日は日曜日である。<ポツンと一軒家>を録画して、渋沢を見よう!

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>