真夜中の出来事

ゴルフのラウンドの日は、私にはルーティンがあって、スタート時間の1時間前にそのゴルフ場に到着する。最近コーヒーはコンビニで買い求め車内で飲むようにしている。そのほうがゴルフ場で飲むより時間もお金も節約できるからである。先ずレンジで50球ほど練習する。サンドウェッジ・9番アイアン・7番アイアン・5番ユーティリティ・5番ウッド・ドライバーの順で打っていく。最後に5~6球バンカーを練習して、グリーンに向かう。ロングパットから始め、その日の速さや硬さを確かめながら、次にミドルパットを、最後に1mほどのショートパットをカップインして、ティグランドに立つ。
しかしその日は睡眠不足で頭がぼーっとすっきりしていなかった。なぜか?
午前2時過ぎだったと思う。顔を虫か何だかわからないものが這っているので、寝ぼけ頭でフーと吹いたが、その感触は次は胸のあたりで感じた。ヤバイ!慌てて手で払い落した。ムカデ?飛び起きて、掛布団を剥ぎ、枕を投げ捨て、敷布団をめくった。すると投げ捨てた枕カバーの間から、10㎝以上は優にある百足が這い出てきて、素早く箪笥の隙間に入って行った。とてもそのまま自分のベッドで眠る気にはなれず、隣の次男が寝起きしていた部屋に布団と枕を抱えて移動し寝ることにしたが、なかなか寝付かれず5時ごろトイレに行った。
トイレを済まし、そぉーと明かりをつけ私の部屋を覗いてみた。するとどうだろう、その百足がベッドと敷布団の間に入って行くのを発見したのである。確か我が家には氷殺スプレーがあったはずだが、その場所がわからないし、火箸がどこにあるのかも知らない。勇気を持って家内の部屋をノックし、手短に過程を話しスプレーと火箸を持って、敷布団を跳ね上げると果たしてその大百足はいた。冷静に氷殺スプレーをたっぷりお見舞いし、火箸で挟みビニール袋に閉じ込め硬く袋の口を縛った。この一連の事件が睡眠不足に繋がってゆくのである。
例年より3週間も早く梅雨入りした、或る真夜中の出来事である。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>