マスク美人

我が国においてもようやくワクチン接種が始まり、家内は先月に第一回目の接種を受け、その3週間後に二回目を受ける予定になっている。私はと言うと、7月4日に第一回目の接種を受け、その3週間後に二回目を受ける予定になっている。なぜ夫婦で日にちにズレがあるかと言うと、家内は団体接種を希望し、私は個人接種を選択したからである。宍粟市においては郵便で接種を受けるかどうかの問いが最初に行われ、それに基づいてそれぞれに受ける日の通達が、それも郵送で行われた。我々アナログ人間にとってありがたい方法だった。辺りどこを見てもマスクをしていない人間を見い出すのは本当に困難な世情である。コンビニや銀行はもちろん、我々のグループ会社のどの部署を訪れても、マスクなしでは良心が咎める環境である。私などは時々忘れそうになり、慌てて自分の車に引き返し、マスクを着用する行為は頻繫にある。
マスクが普及して急に美人が多くなった、と思いませんか?街を歩いている姿や、自転車を漕いでいる光景を見ても、どこを見ても美人ばかりである。1年後には、ワクチンが行き渡り治療薬が開発され、コロナが落ち着き、以前の状況に戻ったら、美人が半減するのだろうか?などと、想像する私は、不謹慎と、詰られるかも知れない。
そう云えばこの間、朝の九時半頃、以前に2回もこのブログに登場した『謎の美人』を見かけた。マスクを着用し、黒っぽい日傘を射して物静かに歩いている風景に遭遇した。マスクをしていても美人オーラは車中においても感じた。あとを追いかけたい衝動を抑えるのに、少々の時間を要した。私にもまだ理性が残っていた。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>