わが師わが友~五木寛之~

今から遡る事約半世紀。私が中央大学の学生だった頃、学生運動華やかしき時代で、例の新宿騒乱罪や安田講堂事件など、歴史の1ページを飾るような出来事を目の辺りで体験をした。しかし我々のグループはその集団に属することなく、所謂《ノンポリ》と称し、殆ど毎日を怠惰に過ごしていた。
或る時、どちらのグループにも属さない友人の一人が、「香山、お前は一体何をしているのか⁉毎日毎日麻雀か女の尻を追いかけ回して!これでも読め」と言って、手渡されたのが、五木寛之の《青ざめた馬を見よ》だった。私は忘れかけていた読書熱が再燃し、斬新で潔癖な思想とおしゃれさが加わった《五木文学》の虜になり、次から次へと読破していった。朱鷺の墓・戒厳令の夜・デラシネの旗等々・・・そして長編《青春の門》は大学を卒業後も継続して読み、テレビドラマや映画にもなり私を退屈させることはなかった。何故か今でも印象に残っているのは『ソフィアの秋』である。当時ブルガリアへ本気で行きたくなったことを思い出す。
五木寛之は1932年福岡県に生まれるが、生後間もなく父親の勤務に従い朝鮮に渡り、平壌で終戦を迎えることになる。戦後の混乱期に母親を亡くし、父親と幼い弟と妹三人で命からがら、1947年福岡県に引き揚げる。劣悪な環境中様々なアルバイトで凌ぎながら早稲田大学文学部に入学するが学費が払えず抹籍される。その後は音楽プロダクションに席を置き、様々な作詞活動を展開しながら結婚もし、当時のソビエト連邦を始め北欧各地と妻女共に旅をした。帰国後、モスクワでの出来事をテーマに《さらばモスクワ愚連隊》で文壇デビューし、翌年1967年発表した《蒼ざめた馬を見よ》で直木賞受賞する。それが縁で1978年から32年間の長きに亘って、直木賞の審査委員を務めた。二度目の執筆活動休止期間中に龍谷大学の聴講生になり浄土真宗の研究をし、小説親鸞を新聞紙上に掲載し、私自身も切り抜きをしながら読む機会を得たのである。
私の人生の後半に影響を与えたのは《人生の目的》と《下山の思想》である。特に下山の思想は、今まさにその思想に従って毎日を生きている。私が最も気に入っている、大徳寺の老師の作である『お茶杓』に《下山》と命名している。
あと何年の命を頂いているか知る由もないが彼の教えに従って《生きて行く》ことに一点の迷いもない。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

三木産業100年の歩み

代表取締役社長 橋本雅彦

今回は我々の業者会の仲間である《三木産業株式会社》様の橋本社長にお願いをして、100年の歩みについてお話をして頂いた。昨年三木産業様の100周年記念にご招待を受け深く感動を受けたので、私がお願いをして今回の運びとなった。(我がグループはたかだか54年)
三木産業は、大正8年(1919年)に三木石炭商店として創業され、石炭・コークスの販売を始められた。1919年とは日露戦争が1905年であるから、それだけでも歴史を感じる。戦後まもなく会社組織にされ、石炭・コークスだけでなくLPガスの製造販売に取り組まれ、次々と業務を拡張されたのである。平成15年頃から来るべき老齢化社会を見据えて介護事業にも進出され、ボトルウォーター事業も展開されている。
橋本氏は地元の高校を卒業され東京大学進学、その後大成建設に入社され土木設計者としてダムやゴルフ場設計も多く担当された。また国際事業部に配属後は、海外においてもその才能を遺憾なく発揮され、特にパキスタンにおいては浄水場建設の責任者として活躍された。2004年に従姉妹に当たるオーナーに強く請われ、大成建設を円満退職され三木産業に籍を移されたのであるが、2009年第四代目の代表取締役社長に就任されるまでの5年間、じっくり現状を把握され就任後は、冷静な経営手腕で現三木産業を確立されたのである。
今日の三木産業を大きく支える要因は
① 燃料に関わる(石炭→石油→LPG)軸に新規事業を展開したこと
② 借り入れをしない経営に徹したこと
③ 個人資産(塩田跡地)をバックに燃料事業を手掛けたこと
④ 無駄・無理な投資をしなかったこと
⑤ フランチャイズ等売り込みに来た事業は利益が出ない
⑥ 新規事業は退場するルールを決めておく
⑦ 各部門で赤字は出さない
⑧ 入念にかつ最低をいつも考慮しておくこと
⑨ 新たな新規事業を常に模索すること
等々、その秘訣を最後に我々にお話しされた。
世の中いろいろと騒がしいが、橋本氏の講義内容はいちいち最もで、ともすれば見失いがちなことばかりである。心して取り組まねばならないと感じた。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

いつまで続くのか?

中国武漢に端を発した『コロナウイルス』は今や世界に猛威を振るい留まるところを知らない。武漢と言う町は、100以上の機密の研究機関のある町で、その研究機関の一つの部署から流れたウィルスが、マウスを介在して一気に広まったのだそうだ。全く迷惑な話だが現実にはこの有様なので我々一人一人が気を配り、これ以上感染を広めないようにするしか方法は今のところ見当たらない。厄介なのは症状が出にくい事と、感染力が強く治療薬がない事である。製薬会社は新薬を開発するのに12ヶ月から18ヶ月時間が掛かり、その費用も数百億円単位を要し、出来る頃にはコロナも終息しており、利益に結び付かないから積極的ではないこと。
いつまで続くことやら?
一方奈良東大寺二月堂では今月1日から〈五穀豊穣〉と〈世界平和〉を祈り、お水取りが粛々と執り行われている。1269回目だそうである。今年は〈コロナ終息〉も五体投地の祈りの中に含められているかもしれない。今月14日に満願を迎える。
本格的な春の到来を喜ぶとともに、コロナが終息することを私も祈ろう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

私はまだ呆けていない?

宮古島の公共料金を銀行口座からの自動支払いに変えるために問い合わせたところ、琉球銀行か沖縄銀行か、はたまたゆうちょ銀行からしかできないと言われた。姫路にはゆうちょ銀行しかないので少々面倒だったがゆうちょ銀行の口座を新たに開設し、いくばくかの入金をした。
それがちょうど1年半くらい前の事である。これまで一度も通帳の記帳をしていなかったのでしなければと思い通帳を探した。(例のペイペイも成り行きでゆうちょ銀行からチャージする手続きを取っていたため、一層記帳をする必要を感じていた)2~3日かかって自分の身の回りを、自分ではかなり念入りに捜したが見つからない。諦めて再発行をすることにした。散歩のコースにちょうどゆうちょ銀行がある。キャッシュカードは紛失していなかったので、そのキャッシュカードと自動車の免許証と印鑑を持って窓口を訪ねた。
窓口の対応は完璧だった。ただその日すぐ発行してもらえると思っていたが、「一週間か十日のうちに書留で送ります」という結論だった。まあそんなもんだろうと納得して塾に帰り、机の引き出しを何気なく開けてみると、見慣れない通帳が存在していた。その色は黒だった。私は勝手に通帳の色はグリーンと思い込んでいたのでその通帳は目に入らなかった。それは紛れもない私のゆうちょ銀行の通帳だった。
事務員に話すと優しい言葉が返ってきた。
「そんなことだろうと思っていました。以前にも同じようなことがありましたよ」
そう言われれば健康保険証の時もそうだった記憶が蘇った。
その隠れていた通帳を持って宍粟市のゆうちょ銀行で記帳をした。少しの間待っていたが一向に記帳出来ない。そうすると二人の局員が私を両方から挟むように現れ、別室に連れていかれた。完全に不審者扱いである。事情を説明し、身分証明書を明示し、何か分からない書類にサインさせられ解放された。
私はやっと事情が理解できた。通帳の紛失がネットワークされていたのである。
私はまだ呆けていない!

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

~従業員が一番大事~

去る2月11日、祭日にも関わらず塾は予定通り開講した。講師は《ノアインドアステージ株式会社》大西社長で、上記のテーマで約1時間半お話を伺った。
もとの経営母体は株式会社日東社でマッチの生産販売をメインに、事業を展開しておられたが((株)日東社、旭燐寸㈱等々としてグループで事業は継続されておられる)、1980年に現ノアインドアステージ㈱を設立され、インドアテニススクールをメインに新たにドメインを開拓され、現在に至っている。順調に業績は伸び、売上も利益も拡大していった。しかしながら10年余り経過した時期に大量の、しかも幹部社員が退職するという事態が発生し危機的状況に陥られたのである。
凡人はその危機が認知できず(カエサルの言葉。人間は見たい物しか見ない)、企業は衰退していくのであるが、大西社長の非凡さはその原因を自らに求め、社内改革に取り組まれ、まず環境を整備され、ノアイズムを作成され、企業経営に関する哲学を創り上げ全社員に浸透させ、評価制度も新たに構築され実践し、今日の企業体(日本におけるNo1インドアテニススクール)を創り上げられたのである。
今回の講義で私が最も感銘を受け分かり易かったのは組織の成功循環モデル『ダニエルキム氏の提言』である。
① 関係の質;対話、お互いに尊重
② 思考の質;気づき、良いアイデア
③ 行動の質;新たな挑戦、助け合い
④ 結果の質;成果の実感
⑤ 関係の質;信頼関係の高まり
この順番を間違えている企業が殆どである。つまり、①結果の質から始め;成果が上がらない ②関係の質;対立、押し付け ③思考の質;受け身、失敗回避 ④行動の質;自分最適、消極的 ⑤結果の質;さらに結果がでない
心すべき陥りやすい事柄である。
最後に自分を変えられるのは自分しかいない、のである。 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

すれ違う高校生

昨年12月に姫路市にある総合病院で2ヶ月に一度の定期検診を受けた。主な検査の目的は、もう何年来私の持病の一種になっている糖尿病検査である。尿検査と血液検査を受ける。その検査で、糖尿病における《ヘモグロビンA1c》の数値がかつてないほど上昇していた。ショックを受けたが、そんなことを言っている場合ではないと反省し、ここ1年以上さぼっていたウォーキングを再開する決意をし、その日から開始した。
Dr斎藤から指示されていた、一日7000歩、1ヶ月20万歩を目標に取り組み始めた。因みに直近の1か月間の数字は【255935】だった。合格である。
ウォーキングのコースはその日によってバラバラである。
①三左衛門掘ウォーキングコース ②西信飾磨支店往復 ③市役所経由三左衛門掘 ④姫路駅往復 ⑤地元においては中国縦貫道側道コース ⑥八幡ゴルフセンターから山崎大橋 ⑦喫茶サボイ往復 ⑧ゴルフラウンド
①から⑦までは大体7000歩から8000歩である。⑧は12000から13000歩くらいは歩く。
話は⑥コース中での出来事である。ゴルフセンターまでは中国縦貫道の側道を行き、帰りは国道29号線の歩道を歩くのであるが、大体5時前後になる事が多く、私は下り坂になる。おそらく山崎高校の生徒だと思うのであるが、結構きつい上り坂を自転車を漕いでいる帰宅中の高校生とよくすれ違う。その時決まって
「こんばんは、ごくろうさまです」と挨拶してくれるのである。私も「こんばんは」と返す。それが男子生徒は9割くらいの確率で挨拶をしてくれる。(女子生徒は6割?)
私の高校生当時と重ねてみた。見も知らぬ相手に挨拶などした記憶がない。ちょっと恥ずかしい気分に陥る。
《最近の子は!》という言葉を使う時は何か批判めいた意味合いに使う事が多いが、今回は『いい子たち』である。心が温まる瞬間である。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

廣峯神社 幸田宮司のお話

播州地区に住まいする者で廣峯神社の存在を知らないものはない。
正式には牛頭天王総本宮廣峯神社と言い、五穀豊穣を願う神様である。御神体は素戔嗚命で、正殿は国の重要文化財に指定されている。その歴史は古く、733年ころ遣唐使として唐の国に渡っていた「吉備真備」が帰国し、聖武天皇に奏上し、この地に牛頭天王をお祀りしたのが始まりとされている。途中様々な苦難があったにも関わらず1300年近く延々と繋がっていることになる。
また京都の祇園にある八坂神社に勧請され、牛頭天王の分身をお裾分けしたと文献には記されている。したがって八坂神社はさしずめ廣峯神社の支社にあたる。
2014年に廣峯神社と縁が深かった黒田官兵衛がNHKの大河ドラマに取り上げられ、それを機に《黒田官兵衛》をお祀りした「官兵衛神社」が昨年建立され、各地から官兵衛ファンが訪れているとのこと。
節分祭や御田植祭とかお祭りは年中行事として数々執り行われるが、最も由緒ある行事は11月15日に執り行われる『御柱祭』だそうである。今年はお参りさせて頂きたいと思っている。しかしながら神社の経営もなかなか厳しいらしく、文化庁や文科省からの補助は一切なく、独立して自分たちで経営していかねばならないとのこと。
大好きな官兵衛のためにも、もう少し応援してみようと思った。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

追伸

豪栄道はやはり引退の道を選んだか‼

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

初場所総括

令和最初の初場所は、終わってみれば平幕、しかも幕尻である《徳勝龍》の優勝に終わった。徳勝龍の優勝はあらゆることが記録づくめらしい。例えば奈良県出身力士では98年ぶり、とかである。それにしても後半の徳勝龍の相撲はまさに神懸っていた。本人の実力以上のパワーと運に恵まれていたように思う。
だらしない大関陣(高安も含む)の中で、体調が万全ではない中、貴景勝はそれなりによくやったと思う。豪栄道は引退の選択もありそうだが、来場所は地元大阪なので奮起して捲土重来を期して欲しい。
私は最も期待していた《朝乃山》だが、何とか10勝に漕ぎつけることが出来た。本当は優勝争いに加わって欲しかった。来場所は12勝以上白星を重ねて、大関に昇進し、かつその上を目指して欲しい。これまでの多くの大関たちは、大関になるのが目的で、なるまでは強い相撲をしたが、なってからは普通の関取だったように見受ける。
それにしても腹立たしいのは二人の横綱である。特に《白鵬》には虫唾が走る。なるほど43回の優勝を今後破る力士は現れないだろう。しかし、あの品位、品性、謙虚さの欠片もない態度や言動にはもう我慢がならない。それらについて相撲協会は一言の苦言も呈しない。辛うじて「横審」が勝ち上げと言うエルボーや意味のない張り手を注意すると、奴は「別に禁じ手ではない」をうそぶく。オリンピックの開会式で『横綱の土俵入り』がしたいらしい。絶対それだけは誰が許しても私が許さない。2連敗するとさっさと診断書を提出し休場してしまった。場所前あれだけ好調だったにも関わらず。もう一人の横綱《鶴竜》はそろそろ引退かな?二人のモンゴル横綱に勝手気ままにさせている大きな原因の一つが、あのだらしない《稀勢の里》である。今場所したり顔でもっともらしい相撲解説をしているのをテレビで見たが、嘘っぽく聞こえたのは私だけだろうか。
半世紀以上の長きに亘って相撲を愛してきた私に、どうか納得できる相撲道を展開して欲しい。最後に《北の富士》さんの解説は大好きである。舞の海さんの解説は分かり易くて納得できる。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

コウヤマクンPayPay始める

散歩の途中ローソンに寄った。目的はPayPayデビューをするためである。それでも巧く使えなかったらに備えて、ポケットには1000円を忍ばせていた。
のど飴一袋・ガム2個・祝儀袋を買い求めレジに向かう。恐る恐る、
「あのーPayPayで支払いたいのですが」と言って、携帯の画面からPayPayを呼び出すと、店員はいとも簡単にバーコードをリーダーでなぞる。623円。完了。
思えばここまでの道程は長かった。初出の挨拶で《PayPay》に挑戦します、と言った手前実行しなければと、最初に携帯を購入したauのお店に相談がてら行くことにした。店員との対応の中でID番号は通知されているがパスワードが分からない。思い当たるパスワードを入力してみたが何れも合致しなかった。店員が「姫路のピオレの2階にAppleの事務所がありますから、そこならパスワードが分かると思います」と言うのでAppleへ出かけたが「うちでは分からない」と言う。どうすればいいのかと問うと、「パスワードを変更するしかない」と言う。「ここに連絡して相談してみてください」と電話番号を渡された。教えられた番号にしてみると、ガイダンスが流れ、その意味が全く理解できない。その電話番号を持ってまた最初のauのお店に行く。店員は丁寧に対応してくれて、新しいパスワードに変更してくれた。
三井住友銀行の口座から引き落としてくれるように依頼したが、どうも私のキャッシュカードが古すぎて支店ナンバーが違っていたらしく、郵貯銀行口座を使用することにした。もうこれで使えると思っていた。郵貯銀行口座には残高があまりないので、すぐさまいくばくかのキャッシュを入金した。PayPayの使えるドラッグストアに行き、「PayPayで」と胸を張って店員に携帯を翳したが《使えない、残高がない》と言うのである。この間入金をしたのにそんなわけがないと思ったが、出来ないというので仕方なく現金で支払った。
私は銀行に残高があれば使えるものとばかり思っていたのである。またauへ出かけ尋ねてみると、銀行口座からPayPay口座にチャージしないと実際には使えないのである。
そして本日を迎えたわけである。
【のど飴一袋・ガム2個・祝儀袋】神棚に祀りたい心境である。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ